2015年08月29日

耳の動かしかた。

耳、動かしてますか?

最近、周辺でにわかに「耳を動かしたい」という需要の高まりを感じます。僕も「耳が動く族」のひとりとして、啓蒙活動に励みたいと思います。さぁ、みなさんもイヤームービング。

まず、耳が動くというのはウソです。耳そのものは動きません。動くわけないでしょ。ウサギじゃあるまいし。耳たぶを動かすのではなく、耳を羽ばたかせるように耳の根っこを動かしましょう。

耳の裏側、めがねを掛けるとちょうどツルの端が落ちるあたり、そこに一筋の筋肉があります。これにチカラを入れると耳が引っ張られて後ろに動くのです。

指を当てて筋肉の動きを探りながら、「目を見開く(左右に広げるイメージ)」「口角を上げる(思いっ切りスマイル)」「後頭部にすべての皮を集める(後ろに引っ張られる感じ)」など、自分の筋肉が動きやすいイメージを探しましょう。イメージが見つかれば、あとはチカラを込めて動きを大きくするだけです。簡単ですね。

このような仕組みですので、耳は本来の位置より前には動きません。後ろのほうへと動きます。引っ張るだけですから。そして、これをやると同時に頭皮も動きます。むしろ頭皮のほうが動きます。頭皮の動きが大きくなりすぎると、耳が目立たなくなるので、耳を動かしたいかたは頭皮を動かさないようにご注意ください。

<よく見るとうしろにしか動いてない耳>

耳が動く族って先祖がつながってるのかもしれないね☆

フモフモ編集長さん(@fumofumocolumn)が投稿した動画 -




これであなたも「耳が動く族」です。ちょっとしたあやまちで柔らかく耳たぶを噛まれそうになったとき、「いやっ…」と耳を動かすと恥じらいが感じられていいのではないでしょうか。耳だけにイヤーッ、と。相手も動く耳たぶに、何だか活造りみたいだねぇと斬新な感覚を覚えるかもしれません。練習すれば誰でもできることですので、ぜひお試しください。頭皮だけに集中すれば、最終的にコロッケさんくらいまで頭皮が動くはずです。頑張れば。いつかきっと。僕はいまだに耳止まりですが。

気持ち悪いとか言わない!





posted by フモフモ at 02:10 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする