2015年09月17日

母親からのメール。

母親からメールがきました。果物を送ってくれたというので、コチラからも1ヶ月遅れくらいで「誕生日おめでとう」と返信しておきました。すると珍しくもう一通返ってきました。「パソコンメールアドレス」というタイトルの本文のないメールには、一枚の画像が添付されていました。

ほほぉ…。
1.jpg


って、何コレ!!
何ソレ.jpg


一応、まぁあの、一縷の可能性を期待して、そのアドレスにメール送ろうと思ったんですけど、そもそもメールの形式じゃないんで送れないっていうですね…。「AUTOSETUP」っていうアドレスだと思ってるんだろうか、何かもうこの先に待ち受ける困難を想像したら面倒臭くなってしまって、メールをそっと閉じてしまいました。

一体誰だと。こんな中途半端な状態でウチの両親にパソコンを買い与えたのは。そもそもは僕が実家でのネット用にWindows2000のマシンを設置したのが間違いのもとでした。母親はそれをヤフープロ野球閲覧専用機として活用し、フレッツ光で超高速の1球速報を見ていたのです。まぁ本人たちがそれでいいというなら、それでいいです。

しかし、機械はいつか壊れる。そのとき、「ヤフープロ野球速報が見られないと困る」という、ダメなサラリーマンみたいなことを言い出した。全然困んねーだろ!翌日の新聞で結果確認してきた世代だろ!一球ごとの動向とか見守る必要なんかないだろ!余計なことを教えた僕も悪いけれど、こんなクレームをいれるんじゃない!まさにモンスターペアレントです。

仕方ないので、親戚の家電量販店勤務を招集しまして、「予算10万円で何から何まで一切合切やってヤフープロ野球が見られるようにしてほしい。ヘンなもんつけるなよ。タブレットとかいらないからな。セキュリティソフトも動画配信サービスも何もいらない。回線は一番遅くて安いのに変えておけ。とにかくヤフープロ野球だけ見られればいい」と依頼したのです。極端な話、5万でやって手間賃として5万抜いてくれても結構であると。

僕が同じ依頼を受けたなら、デスクトップに「野球」と名前をつけたブラウザのアイコンひとつだけを置き、ホームページをヤフープロ野球に設定し、あとのアイコンはすべて削除したでしょう。そして「この機械はヤフープロ野球しか見られません」と伝えたはずです。絶対に絶対にニフティ簡単メールアドレス設定なんてリンクを残したりはしなかった。ゴミ箱すら残さず、デスクトップには星の写真でも貼っておいたはずです。自分で手を動かさないと結局はこうなるのか。憤懣やるかたない想いです。

さて、一体、この先どうしたらいいものか。

とりあえず「パソコンにメール送っといたよー」というメールを送って、放置してみたのですが、母親からの続報は今のところ、ありません。しばらく格闘して、諦めてくれたらよいのですが…。





posted by フモフモ at 22:51 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする