2015年10月30日

出張の土産に生八ツ橋を買ってこないでください。

聖護院八ツ橋に恨みはないんですけど、あの生八ツ橋を買ってくる人、何とかなりませんかね。京都に行ったとき、これみよがしに土産に生八ツ橋を買ってきてくださる同僚がどの会社にもいると思うのですが、あれを止めさせることはできないものでしょうか。

みなさん言いにくいと思いますので、この際僕が大きな声で言いますね。

「土産に生八ツ橋買うんじゃない!」
「食べにくいんじゃ!」
「処理が面倒臭いんじゃ!」
「ぶっちゃけ不衛生だし、翌日は食べたくない!」
「何を考えてそれ選んでるの?」
「何も考えてないから八ツ橋なんだろ?」
「最後のほう、自分で食え!」
「持ってくるならひとりにひと箱!」

とりあえず言うことは一旦出しましたので、ゆっくり整理していきます。まず会社で土産をもらう機会というのは、嬉しくないわけではありません。美味いお菓子にありつけるならコチラにもメリットはある。ただ、何でもいいわけではない。(※お菓子以外は大体センスが合わない余計な物品となるので、お気遣いはガチで無用です。捨てる手間のぶん迷惑です)

生八ツ橋の決定的にダメなところは、あの三角布巾みたいのが折り重なって積まれているところ。あれを食べるときに、会社の同僚の指が隣の八ツ橋に絶対に触れている。箸でつまめば指は触れないが、2枚目を食うバカがいたとき、そいつの唾液が隣の八ツ橋に触れる。僕は極端に潔癖というわけではないですが、その混ざり合う感じは敬遠したい。「刺身盛り合わせ」で多少箸が触れるのは場の空気も含めて諦めますが、何も土産の菓子で粘液の絆を結ぶ必要はないでしょう。

で、会社の土産なんて余るのが当たり前。一度開封すれば全部空気に触れてしまう生八ツ橋は、あけたら一気に食べ切るしかありません。が、会社でもらうと「不在の人」「あとで食べます、の人」などズレが発生して、一気に消化するのが難しくなる。一気に消化できなければ、あっという間にアレは乾いていきます。不衛生でカピカピの八ツ橋なんて誰も食べたくないでしょう。

結果、それは共用冷蔵庫の上あたりで放置されるのです。「まだあるよ…」「もう捨てようぜ…」「捨ててるの見つかったら気まずいからあの人が帰ってからにしよう…」という気遣いストレス。開封した八ツ橋が半日経って残っていたら、買ってきた人にサッサと自分で全部食べてもらいたい。心の底からそう思います。

ていうか、何で八ツ橋なん?

京都にはいーーーーーーーっぱいお店あるでしょ?みんな食べたことある八ツ橋じゃなくて、地元の名店を探ったりしないの?「駅で買う」っていう工程はわかるけれど、そのレベルのイヤイヤ気遣いなら、お互いにやめましょうよ。出張・旅行の隙間に自ら意欲をもって散策し、コレは美味いと思ったものを買って帰ってこその土産でしょう。京都=八ツ橋は「思考停止土産」です。

静岡の「うなぎパイ」、神奈川の「鳩サブレー」、仙台の「萩の月」みたいに思考停止でも問題ない土産もありますけど、それは小分けになっているから許せるのであって、八ツ橋を同列に考えるわけにはいきません。強いて言えば、僕が郷里の土産で「南部せんべい」を買うときのように、「あなたのことはそんなに大事には思っていませんので労力は掛けられませんでしたが、失礼のない程度のお土産を買ってきました」というメッセージを込めるのはアリですが。あ、誤解のないように言っておくと、南部せんべいや八ツ橋自体はめちゃくちゃ美味くて大好きですが、「相手のことを心から喜ばせたいときには選ばないモノ」であるという意味です。だって東京駅でも売ってるし。

僕が大事な人に土産を買うときは、東京駅にはないものを選びます。そして必ず先に自分で食べ、コレは美味いと確信できたものだけを候補にします。購入するのは人数分ぴったりかやや余る程度の小分け包装のパック。もし不幸にもお口に合わない方がいた場合は、余りは全部自分で処理する覚悟の量です。そして、買う前にはネットで検索をします。それがどんな評判をクチコミされているのか、その土地にどんなつながりがあるのか、あとからネットで背景を探ったときに不評でガッカリしない状態のものかを確認するのです。理想としては「江戸時代から地元で愛された」とか「あの文豪が好んだ」とか「パッケージが可愛くて女子に人気」とかそういうヤツです。ちなみに僕は、いただきものは必ずあとで値段と評判を検索するタイプです。

そこまで万全整えたうえで、そういう話は一切せずにポンと置いておく。アピールすれば、苦手なものでもひとつは食べなきゃいけない空気になりますから、圧力は一切かけない。食べたとき、「知らないけどすごい美味しい!」と思ってもらえればそれで十分。お土産って、そういうものだと思うんですね。すごく面倒臭くてすごく手間の掛かる。だから、強制とか期待とかはしません。なければなくてもいいし、相当のものでなければなくてOKです。そのほうがコッチも気楽ですし。

だから、八ツ橋じゃないだろってことなんです。

せめて固く焼いてるせんべいタイプにできないですか。

もし例の三角布巾の八ツ橋を買うことしかできない心身のコンディションなら、お土産はいりません。同じ会社にいるってだけで、友だちでも何でもないんだから。




posted by フモフモ at 00:06 | Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする