2015年10月17日

スパークリング清酒、振ってみた。

週末だ、もう何もしないぞ!酒持ってこい!

ということで新たなスパークリング清酒のテイスティングです。今日持ってきましたのは人気酒造なる会社のスパ清「人気一」です。会社の名前に一の字を冠してきた、これは相当に自信がありそうなたたずまいです。

DSC05254edited.jpg
よーし、そのチカラを見せつけてみろ!

DSC05255edited.jpg
とりたてて何でもないラベル。

DSC05256edited.jpg
裏面の重要情報群。

まずボトルのデザインから見ますと、特にコレといってオシャレではありません。奇をてらったところもなく、銀色にしましたくらいのオシャレ感。しかし、それを打ち消すようにブラ下がった告知の紙。デザイン的には台無しですが、そこには注目の情報が。「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2013、2014 2年連続金賞」なる文字。じ、じ、自慢だー!!

さらに裏面をチェックすると、確かな「清酒」の文字と、精米歩合60%という大吟醸並みの削ってる感。そして「瓶内発酵」という表示。基準として引き合いに出している「澪」はぶっちゃけ酒に炭酸ガスをブチ込んだ酒です。しかるにこの人気一は瓶内で発酵が進むことによって、自然とスパークしている酒。より本物感があるような気がします。

そして瓶内発酵を自慢するように、フタのところには一枚のシールが。わざわざ栓を封印するように貼ったシールに記載された内容とは……

DSC05257edited.jpg
「決して振らないでください」

これが、伝説の秘儀Youtuber殺しか!!ダメですと言われるとやらずにはいられなくなるYoutuberの性質を利用して、みえみえの罠を仕掛けてくるというヤツか!!うわー、振りたい。振りたい。振らずにあけたら絶対後悔する気がする。

ていうか、言うてもスパークリング清酒の泡なんて大したことないわけです。コーラみたいにビリビリくるわけでもなく、こうじの自然な泡なんじゃねーのレベルの手ぬるいヤツさえあります。注いだ瞬間に気が抜けてるようなヤツが。大げさに言いやがって。せいぜいペリエみたいな泡なんだろ、お前も!

DSC05258edited.jpg
振ったよね。

DSC05259edited.jpg
結果、ドバーーーー。


大変失礼しました。ビリビッリでした。フタをひねった瞬間プシューという音とともに液がドバドバとあふれてきました。慌てたので撮影場所も変わってしまいました。なるほどシール貼るわけだ。コーラだと思えばコッチも慎重にあけますが、清酒でコレがくるとは思いもしませんからね。まぁ、あえて言うなら、もう少し挑発的でない注意書きにしておいてくれたらよかったんですけどね……

<澪より手頃なサケを探せ!人気一編>
値段:★★☆(300mlで512円と澪よりやや高い)
甘味:★★☆(澪より甘いが、たるくはない)
苦味:★★★(ほとんどない、極めて飲みやすい)
酒瓶:★☆☆(可もなく不可もなく)
酔い:★★★(アルコール感はそれなりにあるが酔わない)
総合:★★★(とにかく泡!泡が強烈!)


ひょっとして歴代で一番好きかもしれません。以前飲んだヤツの味を忘れてしまっているので何とも言えませんが、美味い。そしてこの泡の感じは一番キテいるように思います。コーラレベルでビリビッリです。僕のようにビリッビリが好きなタイプには、向いているお酒かもしれません。

あと、特徴的だったのがまるでフルーツのようなさわやかな酸味。果汁入ってんじゃないかと思ってラベルを見直したくらい、圧倒的にフルーツです。風味を感じるじゃなく、味がフルーツです。結構こぼしたせいかもしれませんが、飲んでみてもまったく酔いとしては残らず、気持ちよい晩酌です。酔いを長引かせたくない方にピッタリではないでしょうか。嫌味とかでなくオススメできるお味でした。ごちそうさまです。

DSC05260edited.jpg
キミ、美味いなぁ。コンビニに入りなさい。




posted by フモフモ at 01:35 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする