2015年11月08日

皿好きのみなさんに向けた10月の成果報告。

何かをつかんだ手応えの成果報告です!

先月の成果報告では、「ひょっとしてこのサイトには女子が多いのか?」という気付きをもとに、完全に女子向けにシフトして右サイドバーを架け替えました。その結果、10月はクリック数722、獲得成果ポイント2283ポイントとここ数ヶ月を大きく上回る好成績。

やはり、か。

ココには雑貨屋をめぐったり、貼る予定のないマスキングテープとかを買ったり、ゾゾタウンに入り浸っている女子がたくさんいる!フライングタイガーコペンハーゲンとかで何も買わずに1時間ブラブラしているような女子がたくさんいる!読む雑誌はINREDくらいの、女子とご婦人の境目くらいの女子がたくさんいる!

確信しました。

今日などは、本当に何の気なしに棚からつかんだ皿に、切ったカボチャを載せた写真をツイッターで投稿しましたところ、メインであるカボチャではなく皿のほうにツッコミが殺到するというありさま。いい皿ですけど、別に皿自慢をしたかったわけではなく、たまたま出てきたええヤツというだけの話なのですが、まぁ出るわ出るわ皿へのリプライ。

この皿でピクピクするのはオッサンではあり得ない。オッサンにとって皿というのは、食い物を載せるための「テーブルよりは清潔な平面」に過ぎません。極端な話、新聞紙でも別にいいかなレベルの意識です。だが、女子は皿を含めて料理だと思っている傾向がある。性差の問題というよりは、日常的な習慣がそうさせるのでしょう。

洋服やアクセサリーやメイクを意識する気持ちがあれば、「何で美味そうな料理なのに皿が小汚いねん!」「シェアするときカッコ悪いやん!」「この皿じゃ自慢にならない!」という気付きがあるでしょうから。一方、毎日スーツで会社行ってるオッサンは、「全部をフライパンで済ます」という発想に行きつくものです。そのほうが洗い物も少なくなりますしね。

僕はその辺の両方の気持ちを持っているので、「キレイな皿に何でも載せる」というハイブリッドな対応策を身につけてきました。料理が片付いたらそれを紙でぬぐって、また次の料理を載せる。なるべく少ない枚数で片づけつつ、食事風景を着飾っていこう…そういう戦略です。なので、まぁ、カボチャだろうがケーキだろうが惣菜トンカツだろうが、何でもかんでも万能皿に載せます。我が家の万能皿がまさかこんな感じで脚光を浴びることになろうとは。いつからココはオッサン向けメディアではなくなってしまったのか。時の流れと言うのは不思議なものですね。

ということで、今月も女子を意識しつつ、万能皿みたいな感じで我が家の生活を支えている雑貨類をご紹介していきたいと思います。「ははぁ、コイツはこういうものを買って暮らしておるのだな」と思っていただければ、お郷の程度も知れるのではないかと。スマホの方も、この下に皿だけ貼っておきますので、皿だけでもみていってやってください。







posted by フモフモ at 01:14 | Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする