2015年12月27日

先月はラグビー、そして今月は。

月イチで日刊SPA!さんに間借り連載させてもらっている穴場探訪の新着記事がアップされました。今回確かめた穴場は「7人制女子ラグビー」です。日程上、ココしか行くチャンスがないだろうということではあったものの、折からのラグビーブームもあって「穴場じゃないのでは」という強い疑念を抱えたままの探訪でした。結果的には、そこそこの穴でしたので、その辺をぜひご覧いただけるとよいかと思います。

↓ある程度アクセスがないと間借りすらできなくなるので助けると思って見てやってくださいね!


いいねを押すのはイヤなら、リツイートしてくれても僕は構いません!

画像もついているし、リツイート向きでしょ!


さて、ほぼ同時のタイミングで次の穴場へと行ってきました。どこへ行って何をしたかはまた来月くらいに日刊SPAで見ていただくとして、今日はその途中で困ったことの話。僕は実は極度の方向オンチでして、たとえば誰かの家に行こうとして中国の奥地に行ってしまうくらいのひどさで道を間違えるのです。あるときは、最寄駅から訪問先までの地図を持って出たのに道に迷い、駆け込んだコンビニで「この地図のココに行きたいんです!」と相談したらば、「あなたは今この紙の外にいます」とあきれられたことがあるくらい。

一応、案内図とかは見るんですよ。しかし、その案内図でまた混乱するのです。何で、あの案内図作るやつってのは、ちょいちょい地図の向きを変えるのでしょう。全部北が上とかにしておいてくれれば、前の地点で見た地図と一貫して追いかけられるのに、見るたびに地図がまわっているものですから、そのたびに僕は次の一歩を間違えるのです。

さらに現在地を丸で書くヤツも許しがたい。現在地は、地図のある看板を赤線で示した上で、その板に向かってどっちに立っているのかを赤い矢印で示せよと。わしゃ向きが分からなくて困っていて、とにかく向きを知りたいんじゃ。それから駅の構内で地図を見て「A7出口から出ればいいんだな」と思って外に出たときに、らせん状に階段をのぼらされたりするのもダメ。途中でどっちに進むべきなのかがわからなくなるのです。だもんで、僕はしょっちゅう太陽を見て街を歩いてますからね。「コッチが南か!」とか言いながら。

最近はスマホがあるんでスマホも見るんですけど、あれのグーグルマップもいただけない。とにかく向きを知りたいのに、何故あの地図は「ビル名」を目印か何かのように教えてくるのか。ビル名なんか知るかボケ。コンビニと銀行をドーンと出せよと。最終的に僕はGPSを立ち上げまして、間違った方向にしばらく歩き、道沿いに動くアイコンの方向を確認してから、目的地のほうへ改めて動き直すという形で対応しています。非常に辛いです。

具体的に言うと、今日行った駒沢公園。ここにある地図がひどい。ほんともうクルクルクルクル方角は変えるわ、分かれ道にある道案内はどれもこれも「←駒沢●●」「↑駒沢●●」「→駒沢●●」「↓駒沢●●」とかの似たような施設名ばっかりで紛らわしいわ。そのくせ「駒沢公園駅」はどっちにあるのか書いてないわ。暗いわ。とにかくもう方向オンチに対する配慮がまったくない公園でした。

何年か前にもまったく同じように駒沢公園で迷ったんですが、同じ間違いを二度することになろうとは。そのときもまったく同じだったんですが、間違ったときは僕は一旦基準点に戻って、そこから考えるようにしているんですね。で、この公園の基準点は五輪の記念塔にしてるんです。見つけやすいから。

でも、わからなくなるたびに塔に戻るの、キツイんです。

そもそも何で塔が一本しかないんだよと。駒沢公園駅に青い塔、駒沢公園に赤い塔とか、数本建てておいてくれれば、それを見て進めるのに。「戻る」用の塔しかないじゃないか。何と言うか、もっとアチコチに塔を建ててほしい。そうすれば僕の迷いももうちょっと減るはずなのです。「ここから見てスカイツリーの方向だから」という感じのことを、すべての街でやれたらいいのになぁと。最初の一歩を間違えるので、僕、結構1キロくらい無駄にしちゃうんですよね。500メートル間違えて、元の位置に500メートル戻るみたいなことで。ホント、毎度毎度。

どうか塔をもっと建ててください。東京五輪に向けて、東京のアチコチに。

塔がたくさんあれば、僕も迷わないと思うのです。錦糸町からスカイツリーに行ったときは迷わずつきましたもん。スカイツリーが見えてたから。そういう感じに世の中全体がなればいいのに。真剣にそう思うのです。今日、また改めて。

DSC06348.JPG
これがアチコチに欲しい。



posted by フモフモ at 01:08 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする