2015年12月19日

クリスマスソング。

印象的なクリスマスソングというのが誰にもあると思うんですね。僕なんかだと「恋人がサンタクロース」とかなんですけど、最近そのマイベストランキングが更新されないな、と。てっきり「若者の音楽に触れてないから」なんて思っていたのですが、ひょっとしたら違うのかもしれないぞ、と。backnumberが歌ってんじゃんかって声もあると思いますが、それは単に入ってきてないだけで、スルーしてるわけじゃない。

クリスマスソングって、クリスマスに聴くじゃないですか。終わったら聴かないじゃないですか。ライブとか考えても、夏には唄いづらいじゃないですか。すごく限定的というか、極論すれば12月24日と25日にしか聴かない歌なんですね。実際は12月頭から聴きますけど。

一言でいえば「コスパが悪い」のかなと。

せっかく一曲ぶんの労力かけて作っても、クリスマスにハマりすぎてクリスマスにしか唄えなくなったら、勿体ないじゃないですか。それだったら、もう少しいろいろな局面で3ヶ月くらい歌えるように「冬の歌」にしたほうが使い勝手がいい。「こなーゆきー」は3ヶ月歌えますけど、「クリースマース」は2日くらいしか歌えない。ワリに合わない。

そんなケチ臭いことを考えると、ますますクリスマスでは戦えないわけです。歴戦の猛者がクリスマスクリスマス言ってるじゃないですか。その日しか流れない代わりに、完全にその日にマッチした歌が。「いいね!」をめちゃくちゃもらってる猛将たちが。ハッピーでラッキーでグローリーなヤツが。そりゃ新しい歌が割って入ってこなくなるわけです。

あとは、クリスマス自体が市場として小さくなったのかもしれません。少し前はクリスマスなんて恋の饗宴みたいだったのに、今は静かにケーキ食ってる感じですもんね。つつましく、厳かに。盛り上げようっていう曲も、騒ごうっていう人も少なくなってるんじゃ、ランキングも変わらないってもの。みんなじゃなく、それぞれの好みで聴くから、ランキング外での揉み合いになる。そんなことなのかなと。

そんなことを考えたのも、最近、ちょっとクリスマスソングなど聴いてるんですが、僕アレが好きなんです。甲高い声で、子どもが歌う「サンタが街にやってきた」。これがすごくいいなとずっと前から思っていて、でも何となく聴いてるだけで何も考えてなかったんですが、欲しいなと思いまして、誰の曲かなと思って見たんです。そしたらジャクソン5!

言われりゃ納得ですが、あれマイケルの声なのか!確かにマイケルの声だ!ずっと聴いてて、ずっとこの子どもの歌ええなぁと思っていて、その正体がマイケルだなんて、やっぱりマイケルすごい。これが本当に「いいね!」ってヤツなんですね。いや、どっかの合唱団の名もなき子どもなんだと思ってたのに、まさか世界一のエンターテナーの仕事だったなんて。

そりゃ、無理だわw

世界のエンターテナーがクリスマス一日だけ用に繰り出した仕事を、コスパ考えながら戦うなんてムリムリ。ということで、今度時間があるときにディスクユニオンとかをめぐってジャクソン5のクリスマスアルバムを買おうと思います。あるかしら。アマゾンで買ってもいいんですけど、せっかくならアナログで。夜の風を感じてこそ、クリスマスらしさも募りますゆえ。







posted by フモフモ at 01:28 | Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする