2015年12月20日

東京ミチテラスのベンチめぐり。

週末は休日出勤だったりしたんですけど、合間にちょっと隙を見つけて散歩に出ましたらば、東京駅の周りが素敵な感じにイルミネートされていました。単に、丸ビルのスケートリンクがその後どうなっているのかを見に行っただけだったのですが、ビルから出たらパーッと華やぐ街の灯りでやおらウッキウキになってしまったほど。オシャレです、東京駅周辺。

DSC06298.JPG
街がキラッキラ。

DSC06304.JPG
駅舎と高層ビルのコラボ。


で、街歩きでもしようかと思ったのですが、そうだアレがあったなと。羽生クンの銅像と同じ作り方で雑に仕上げてきた各種有名人の銅像を、ベンチに置いているはずだと思い出しました。せっかくなら見ていきたい。そして、出来栄えをチェックしたい。同じ作り方なら絶対に雑なはずだ。とまぁ思い立ったわけです。

DSC06294.JPG
この人たちの銅像があるらしいぞう!

DSC06295.JPG
ご丁寧に地図まで掲示してあった!


う、うーん。スタンプラリーじゃないんで、別に全部見る必要はないんでしょうけど、結構散らばってるな。東京駅から有楽町駅まで広範囲に銅像が配置されており、軽く一駅くらい歩くことになりそう。ま、別に全部見なくてもいいんですが、嫌らしいことにどうしても見たい五郎丸と羽生2号がエリアの端と端に置いてあり、狙ってやってるんだろうという嫌らしさがビンビン伝わってきます。

テリー伊藤とかはどうでもいいんで、とりあえずスポーツ関連だけは見て行こうかと、まずは五郎丸のある丸の内オアゾへ。ロビーの一角にラグビー関連展示が若干あり、その横にベンチと五郎丸の銅像が置いてありました。スタート地点にふさわしい立派な展示で。

DSC06300.JPG
きみが、ご、五郎丸なのか!

DSC06302.JPG
ゆ、指の形が似てる!


おおぅふ…いきなりクオリティの低さを見せつけてきました。似せようという気持ちはたぶんそんなになくて、雰囲気重視なのでしょう。横に名前も書いてあるんだから、わかるだろと。ベンチアートなのに五郎丸はずっと立っているというあたりも含めて、「普通ベンチで並んで座るんじゃないの?こういうの?」という雑な感じが非常によく出ております。

そこから取って返して有楽町方面へ、テリー伊藤とかは無視して次の目的地へ進むと、遠くのベンチに何やら人が群がっています。ベンチに座った人物は拳を突き上げており、やたらと元気。陽気なホームレスか何かかと思いきや、そういうことではなさそうで…

DSC06310.JPG
ここに何者かの銅像があるぞう!

DSC06307.JPG
きみが、さ、澤さんなのか!

DSC06313.JPG
か、髪型が似てる!

DSC06306.JPG
どうでもいいけど、立てよwwww五郎丸は立たせたのに何でコッチは座らせたwww


前から見てもやっぱり陽気なホームレスみたいな感じで、人々も若干戸惑い気味。一応、一緒に拳をあげて写真を撮ったりはしているのですが、なでしこJAPAN関連でそんなにテンションが高いわけでもなく、一部の人間だけが盛り上がっている感触。僕と同じタイミングで同じように各地を巡っていた女性がいたのですが、その方だけがしつっこく撮影を行なっていました。周囲の人に写真を撮ってもらったあとで「ブレてるんでもう一回」とリテイクを要求するなど、その本気度には僕もたじたじ。隙があれば澤さんのおっぱいを揉んでみようかと思っていたのですが、その人がずっとどかないので、今回は諦めました。

そこからさらに有楽町方面へ。途中には遠藤憲一さん、夏目漱石さんらのベンチ銅像も。ただ、基本的にそこは食いつきが悪いようで、みなさんスルーです。僕か、もうひとりの女性かが、そこで立ち止まって写真を撮り始めると、「何かあるんですか?」と人が群がってくる流れ。僕としては誰もいないほうが撮りやすいのですが、自分のせいで人を呼び込む悪循環には辟易しました。みんな、こんなベンチどうでもいいんでしょ!物好き以外は帰ってください!

DSC06321.JPG
そして、さらに歩くと新たな銅像が現れた!


前の画像見ると答えは載ってるんですけど、コレだけ見て正解が出せたらスゴイってレベルで見事に原型不詳な出来栄え。ていうか目がヤバイ。本人に見せたら「もうちょっと何とかなりませんかね?」ってやんわりダメ出しがくる感じでヤバイ。ベンチに座った変質者みたいなのが、お出ましになられました。

DSC06323.JPG
何だこのホリエモンみたいなの。

DSC06322.JPG
いいもん作ろうって気がまるで感じられないwww


正解はあえて発表しませんので、マジでわからない人は最初のほうの画像を見て、正解を確認してみてください。何か印籠みたいなのを右手で出しているのがヒントです。頭には「M」の文字もありますしね。Mは何の頭文字かわかれば正解は出たも同然。ま、み…みと…みとこ…みとこう…、おっとヒントはここまでです。

さて、この散歩もいよいよフィナーレへ。完全に有楽町に到達したところで、ようやく出てきました。僕レベルの物好き&想像力が豊かなタイプでも「誰だお前」と問いただしくなった銅像の2号が。道路に向かって堂々とベンチに腰を下ろし、彼はいました。そうです、羽生結弦銅像の2号機が…!

DSC06324.JPG
キミは、ゆづなんだね…!

DSC06325.JPG
あ、似てる、う、うーん?


ファーストインプレッションでは似てると思ったんですよ。僕の周囲でコレに群がるご婦人も「似てるわー」って言ってましたもん。ただ、家に帰って改めて見ると、そうでもないかも?これたぶん、手前で1号機を見てからこないとダメなヤツですわ。1号機から2号機にくれば、「似てる!」って脳が思うんでしょう。実際、1号機よりは似てると思いますし。

ただ、1号機と違うのはココが天下の往来であること。人の量が半端なく、まったく関係ない人がたくさんいる。列を整理する人もなくカオス状態のため、ゆっくりとハグしたりキスしたりするには「お連れ」がいないとキツイかもしれません。速やかに写真を撮ってくれて、妙なモノを見る目を半分請け負ってくれる仲間が。

ご婦人のみなさんは写真を撮ったあとも、しばしベンチで談笑をしていました。そして、「寒そうね」と言い出し、マフラーを2号機にかけてあげていました。さらに別のご婦人は何かチョコみたいなのを出して、2号機にあげていました。

「銅像っていうか、仏像じゃねぇか!」

あぁ、これが現代の笠地蔵なのだ。すでに世間では「神」と呼ばれている本物のチカラを引き継ぎ、丸の内にありがたい地蔵様が誕生したのだ。僕は温かい気持ちでその場をあとにしました。これからどんなお供え物で2号機が埋められていくのか、楽しみに思いながら。

どうぞみなさんも近くにお立ち寄りの際は、上着・ホッカイロ・お菓子などをお供えされるとよいでしょう。置いていくとゴミになるので、お供えにありがたいパワーを移して持ち帰るイメージで。素晴らしいイルミネーションもありますし、スピリチュアルな気分がグンと高まりますよ。

最高のクリスマスを東京駅周辺でお過ごしください。



posted by フモフモ at 01:39 | Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする