2016年02月28日

Jリーグ開幕戦寒戦。

今日はJリーグの開幕戦に行ってきました。まさに、季節イベントはチーム愛を超える!の心境。何度目かの繰り返しになりますが、僕は全然FC東京に思い入れもシンパシーも何もなく、ただただ近所であるという理由だけで、今年もFC東京のホーム開幕戦へと向かいました。だもんで別にヴェルディでも町田でもいいんですけど、客は少ないより多いほうが楽しそうですからね。

味の素スタジアムは我が家からドアツゥドアで30分という好立地。駅前から直通のシャトルバスが出ているのが非常に助かります。新宿行って折り返しで京王線飛田給って言われたらそれだけで1時間くらいかかりますから。ラクチン移動で、降りたらすぐにバックスタンドです。理想的。

まずは場内散策。今日は開幕戦なので、何か楽しいことを探して場内を一周します。途中には「この先はFC東京は入れません」「ここからはアウェーチームは入れません」みたいな関所もありますが、僕はどっちでもないのでグルングルンです。

DSC07631.JPG
別にいいんじゃねぇか感。


特別なステージみたいのはありませんでしたが、ちょろちょろマスコット的なのはウロウロしています。大宮のアルディとミーヤでしたっけ、リスがきていたので記念撮影します。アルディはマスコット総選挙で18位だそうです。中ぐらいの人気者ですね。

DSC07635.JPG
二匹でチューとかしてくれたりしたけど、仕事後にオッサン2人が中から出てくると悲しい。

DSC07640.JPG
何かの番組で「車庫入れが上手そうな選手」というアンケートを実施中。

DSC07648.JPG
入り口では森重選手が出迎えてくれました。


スタジアムグルメはスルーのつもりでしたが、やはり2月ということで寒い。そして上層階に上がると風が強くて寒い。屋内で氷漬けっていうのも寒いは寒いんですが、冷えるのはペースがゆるやかなんで、一回温めればかなり長い時間維持できるわけです。しかし、風が強いとどんどん体力が奪われて寒くなっていく。ちょっと温めないとダメだなってことで、ホットなスープで暖を取りました。

DSC07655.JPG
あったかいんだから。


入場者がもらえると聞いて楽しみにしていたストレッチボンフィンもゲット。なんか勝手に、板状のものが腕にくるんと巻きつくものを想像していたので、ヒモみたいな輪っかを渡されたときには「?」となりましたが、これがボンフィンってやつなんですね。ラモス世代ならミサンガって言う感じ?

DSC07656.JPG
「頂戦」というスローガン入り。


試合前にはリップスライムさんが新曲とJOINTを唄ってくれるミニライブが。スタンドの一角に特設ステージを作ってやるという形式で、えらい遠めでしたが、生唄聴けてお得感ありました。選手入場の段では、サポーター席でスマホのライトを光らせて擬似ペンライトみたいなことをしており、星の海のような見た目に。なるほど、スマホでいけるんですね。アプリで色変えたり、点滅タイミングを調整したりもできそうですし、これは楽しいですね。

マリノスのマネじゃないかみたいな話も出るのかもしれませんが、これは全国のいろんなイベントでやったほういいですね。僕もももクロのライブで初めてこの星の海を見たとき、感動しましたもん。世界がどうなってるか知らないですけど、日本は絶対このジャンルの先行者でしょう。こんなにスマホとかペンライト持ってる国ないと思いますから。

これをみんなが当たり前に「アレね」と理解してて、アプリとかスムーズにインスコして、スタンドでこれを自然発生的にやってみせたらみんなビックリしますよ。ペンライトとプロジェクションマッピングは世界のショービズに追いつくための手立てじゃないかと思います。そこに花火を合わせて、日本のショービズはとにかくキラキラしてたらいいんじゃないですかね。

DSC07676.JPG
こういうオマケイベント好き。

DSC07684.JPG
ペンライト忘れた日はスマホ振ればいいんだ。


試合のほうは東京がプレーしている時間のほうが長かったんですが、大宮がシンプルで手堅い守りをしており、なかなかチャンスはつかめず。そういう試合なもので、大宮が後半にワンチャン決めたらそのまんま1-0で逃げ切りました。サポーターからはブーイングもだいぶ出ており、ストレスたまる試合だったようです。僕は「どっちも頑張れ」なので、楽しく見られました。寒さとの戦いにも勝利し、風邪ひかずに帰れたので大満足ですw

将来的には武蔵野シティFCがJ3に上がりまして、FC東京がJ3に落ちましてのダービーマッチなどを視野に入れつつ、今年もぬるぬる楽しんでいきたいと思います。まずは武蔵野シティFCが頑張らないとですね。




posted by フモフモ at 00:33 | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする