引っ越し.jpg

2016年05月31日

「個」を出すことの大切さ。

ようやく激務の波もおさまり、今日などは会社でノンビリとスマホゲーをしていました。「このまま時間が止まればいいな」なんて少女漫画みたいなことを思いましたが、時間が止まるとスマホゲーのスタミナが回復しなくなるので(※5分で1点回復)、時間はいつも通り進めることにしました。ドゥーン

ちょっと忙しさにかまけて5月はホントに何もしてませんでした。ネット人生で一番自分の影が薄まった時期かもしれません。もうこのまま消えちゃってもいいかもしれませんが。いや、一回消えて、再度生まれ直したほうがいいんじゃないか的なことをですね、5割くらいの本気度で考えています。設定的にも19歳ってのがだいぶ嘘っぽくなってきましたし。一回死んで、娘を名乗って出てきたほうが、新たなフィールドも開けるのかなと。HEY!塞感でいっぱいです。ネットの中でも年って取るんですね。

さて、そんな中、すっかり日にちが経ってしまいましたが、告知です。ツキイチくらいで連載させてもらっている日刊SPAさんの穴場探訪記事です。今回は有力な穴場を見つけてきました。意外度90%くらいの穴場、シンクロです。

↓まずは全頁クリックしてリツイートしてから下に進んでください!



こういう現場に行くと、本当に人気商売って難しいと感じます。シンクロなんて五輪のメダルをいくつもとって、みんなが知っている有名人も何人かいるのに、これまで見てきた競技とどっこいくらいしか観客がいない。というか、現地にいるのは「親」「関係者」「後輩」なので、純粋な観客はほとんどいない。

見ていてつまらないワケでもありません。フィギュアスケートとかとやってることは大体同じです。音楽に合わせて踊り、ときどきジャンプする。結構楽しいんですよ、すごい珍しい動きがたくさんあって。それなのに、アッチの隆盛とコッチの停滞、その差。難しいなぁと思います。

やはり、もっと前に出ていくというか、個が際立たないとダメなんだなと。チームじゃなくて個。シンクロの有名人って小谷実可子さんと井村コーチだと思いますけど、どっちも「個」なんですよね。しかし、シンクロという競技性は集団で、むしろ個を消すというか、ヘンな自己主張が混じったらいけないわけです。

ひとりのスターがいて、それを仲間が支えるという上下関係のある構造でないと、なかなか人は集まりにくいのかもしれません。僕なんか斜に構えたタイプなもので、基本的に「主人公」は苦手なんですね。「渋いわき役」「ライバル」「ダークヒーロー」が好きです。そのためには、平均化された集団じゃダメで、しっかりと主人公がいて、ワキがいてというタテの関係がないと難しい。

そういう意味では「シンクロのシングル」という、矛盾内包しまくりの種目を捨てたところが、結構痛かったのかななんて思います。やっぱり、シングルかデュエットしか憶えてないんですね; もっとたくさんいた気がするけれど、憶えてない。「個」って大事なんですね。ホントにまずひとり、まずひとり世間に出てこないと、広まらないものだなぁとしみじみ思いました。

それに加えて、少ない観客を逃す構造というか、終演後にファンミーティングを兼ねた募金活動があったんですが、そこではぶっちゃけ「1000円募金したらサインあげるでぇ」というお触れがあったのです。ところが、全部で200人くらいしかいないのに、サイン色紙はすぐに尽きてしまったようなのです。僕は写真など撮っていたので波に乗り遅れまして、サインをもらいそびれてしまいました。

せっかくファンミまでしてお土産を渡すタイミングを作りながら、お土産がすぐに尽きるというのは、すごく残念なことだなぁと。そこにサインがあって、名前が書いてあったら「あの時の娘だ」と、記憶に残るのに。そうして見ると、野球場で配ってるカードとかピンバッチってのも結構大事なことなんですね。それがキッカケで、名前とかが頭に入ってきたら、それでもう十分バッチぶんのもとはとれるくらいに。その辺の気づき、自分の仕事では活かそうと思います。

DSC08390.JPG
心配の必要はないけれど、立ち見は禁止です。

DSC08661.JPG
レジェンド大集合なのに、何かが物足りない。



posted by フモフモ at 00:47 | Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする