2016年05月15日

殿、面白かったでござる。

聞いてた話と全然違ったよ!

観てきました。殿、利息でござる。僕の勝手な想像では、三谷幸喜作品みたいなコメディ映画なんだろうと思っていました。西村雅彦さんがいると、全部そう見えるって説もありますが、コメディ押しの作品なんだろうと。

確かに笑いどころは結構あって、劇場でも笑いが起きるような場面がありました。特に、西村雅彦さんが名誉欲一本で仲間に加わってくるあたりは最高にサイテーでゲラゲラ笑いました。みなさん演技が達者なので、ただ挨拶するだけでも面白いくらい、笑い所がありました。

ただ、思ったより感動メインだったんだなと。

「実話です」と史実に基づいていることをウリにしているぶん、都合のいい英雄譚というか、「こんなミラクルが起きてみんなの問題が解決!」っていうところがこの作品にはありません。映画なりに最大限までご都合主義をきかせてもなお、ものすごく都合の悪いことがたくさん起きます。そして、一瞬で流される悲しい出来事があったりします。

「あと1000万円足りないよー」っていう最後のトラブルの解決のために、「俺が10年出稼ぎに行ってくる!」という解決法を持ってきたりするような。まぁ、そうすることがその人なりの自己反省というか、成長のためのステップなのかもしれませんが、「あ、キミ、そこで身売りなんや」っていうのはサメザメと涙を誘うような場面でした。

たぶん、泣けるヤツです。僕は泣き上戸なのでドラえもん新鉄人兵団とかでも劇場で泣いてきましたが、殿利息でも2回ほど泣きました。一番はやっぱり、妻夫木聡さんと阿部サダヲさんの和解の場面ですかね。わだかまりが解けて、心が安らいだ中で肩を貸す姿、家族の絆にはやっぱり泣かされます。

DSC08716.JPG
新宿は殿利息推し。正面入り口にデカイ陳列が。

DSC08721.JPG
劇場入場口にも殿利息壁面装飾。


(※一応ネタバレ注意で、以下)

(※一応ネタバレ注意で、3)

(※一応ネタバレ注意で、2)

(※一応ネタバレ注意で、1)

(※一応ネタバレ注意で、0)


で、目的はもちろん羽生結弦氏。たぶん、ていうか絶対に、羽生氏出てなかったら見てないです。僕は基本的に「たったひとりの男が肉体だけを武器に恐るべき敵と戦い、勝つ」っていう話しか見ない人間なので。羽生氏おらなんだら、コメディはスルーです。ところが一向に羽生氏は出てきゃーしない。129分ある上映時間の120分まで出てこない。途中、すっかり羽生氏のこと忘れてました。普通に作品を見ちゃって。

史実を勉強したわけではないので、あくまでも映画の中の話ですが、羽生氏が演じたのは「バカ殿」さまです。名ばかりの官職をほしがり、ほうぼうに寄進をして、藩の民を苦しめるような人物として描かれています。まぁ、そうでないと、そもそも民とお上のゼニバトルなんて設定にならないわけですが。

実際に羽生氏と戦うわけではないのですが、藩の勘定を司る松田龍平さんを相手にバトルをして、まぁコレがイヤなヤツで、ずいぶんとやり込められながら最後はやっつけて利息をいただけることになると。その際は松田龍平さんも庶民たちの振る舞いに痛く感動し、ほうびまでくれて一件落着となったわけです。

で、そのあとに例の「重村である」がやってくると。てっきりアレは序盤の一場面で、そこでは計画が失敗したけどあとでリベンジする、って流れなのかと思い込んでいましたが、違ったのです。大団円のあとの最後のファイナルクライマックス感動の場面で、羽生氏が出てきたのです。

「うわ、やっべぇ」

見てて、汗がダラッと流れました。ここまで盛り上げておいて、ココに出てくる。それって、バカ殿であったところの羽生氏が、庶民の行ないに感動し、悔い改め、謝罪をしにくる場面じゃないですか。もちろん殿様なんで実際に謝罪はしないんですが、自ら庶民のもとを訪れ、こたびの労をねぎらうという、実質的な謝罪をしなくてはいけない。しかも、殿様としての威厳も失ってはいけない。バカ殿反省からのー、心入れ替えからのー、でも殿様威風堂々の非常に難しいバランスが要求されている。謝罪の気持ちを込めた「大義である」を言わされる、そんな難しい場面です。その謝罪は、足掛け自身の功名心ごとひっくり返すような、大きな大きな謝罪になるのですが、それをやれと申されるか。キビシー

さらに、いざ見始めたら、セリフがめっちゃ長い。一言ふたことじゃなく、長々としゃべる。ねぎらい風謝罪を長々と。ここはですね、長い長い長い苦労の果てにようやく訪れたカタルシスなので、絶対にしょっぱい演技を入れてはいけない場面なのです。「宿敵を倒し、死の間際に一言残して、お互い泣いて死ぬ」くらいの大事な場面です。「こんな大事なとこに素人呼ぶんじゃない!」ってザワザワしながら見守りました。

しかし、羽生氏は見事にこなされた。

数々のアスリートがステンレス棒読みで映画・ドラマ・アニメを台無しにしてきた歴史を軽々と飛び越え、もちろんすごい上手いわけじゃないですけど、作品をしっかりと締めた。これは拍手喝采していいと思います。イチローを演じたイチローよりも、上と言っていい。さっすが完璧超人。演技でもまったく隙はなかった。最後の「歩いて帰る」なんてのは、顔が見えない声だけの演技でしたが、「おっ、殿様エエ男やん」という感じがすごくよく出ていました。

これからご覧になるという羽生氏クラスタもたくさんいると思いますが、どうぞご安心ください。羽生氏がスベるのは氷の上だけで、映画しっかりとこなしました。そして映画も5回笑って2回泣く感じで、大変に楽しめるものでした。羽生氏をダシに微妙な映画を見せられた感じはまったくありません。最後まで楽しく、鑑賞できました。スッキリと後味よく帰れる作品でしたので、どうぞ安心してお楽しみください。羽生氏をキッカケに新たな世界が広がっていく、ただ自分の基準だけで生きていては得られない体験ができた。大変よき一日でした。羽生氏、今日もありがとう。

DSC08722.JPG
松田龍平がホント、ヤなやつなの!



posted by フモフモ at 02:09 | Comment(35) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする