2016年06月21日

ゲーム三昧。

日記もごぶさたでした。最近何をしていたかと言うと、ゲームをしていました。久しぶりに熱くなって、余暇のすべてを注ぎこむようにやりました。コイツに勝ちたい的な目標もあり、非常にモチベーションも高く、一生懸命やりました。

しかし、いざ本番というところで、手ぬるい部分とかが顔を出し、目標はおろかその遥か手前で敗れ去るという大惨敗。「何だったんだろうなぁ」という気持ちがコンコンとわいてきて、すごく虚しくなりました。悔しいというのもあるんですが、仕込んできた何もかもが無駄だったかのように思える気持ち。

負けた気はしないけれど、ベストではなかった。チカラを出し切れなかったような戦いは、もう一度やり直しを要求したくなるようなもの。クチからは言い訳が飛び出し、タラレバを連呼するという、ずいぶんとカッコ悪い感じで、目標の日は何も得られずに終わりました。

言うてもゲーム、言うてもヒマ潰しでこうなのだな、と。仕事では頑張らないを貫いているので、何があっても悔しいとか虚しいとかはないのですが(「面倒だな」と「ラクだな」だけがある)、こういう気持ちで何かを終える人ってのは、やはり耐え難いのだろうなと実感しました。

スポーツ選手はエライですね。まぁ、カッコつけだったり、演じている部分もあるとは思いますけど、4年くらいの人生を注いで何かを迎えた日、それが台無しになるような凡ミスや、無為に帰すような不運があっても、それを受け止めて次に向かおうだなんて。そして、それを毎日のように繰り返しているだなんて。

あぁいう咄嗟のときに、立派なことを言うってのは案外難しいものだなと思いました。多くの負けに耐えて、たくさんの痛みを乗り越えないと、あぁはなれないものでしょうね。その辺蹴ったり、メダル投げたり、しちゃうじゃないですか。ちょっと荒れると。そこをグッとこらえられるのが、強い人なんだなと再確認しました。

勝てば誰でも美しいが、美しく負けることは誰にでもできることではない。

やっぱり僕は、勝つ姿より負ける姿が好きなんだなと思います。自分はそんな勝たないじゃないですか。人生で。負けることのほうが多いから、そこでカッコイイやつがヒーローなんです。勝ってるヒーローは別世界の人で、負けてもカッコイイ人がこの世界のヒーロー。そういう人を応援していきたいものだなぁ、と思いました。

大抵は、ずっと負けてるだけで終わっちゃうんですけどね。

ほら、勝つ人は最初から結構強いから。



posted by フモフモ at 01:26 | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする