2016年07月17日

ナウマンゾウは見ませんでした。

三連休の真ん中に日帰り旅行という愚かな選択!

仕方ない、日程は諦めましょう。本当は泊まりたかった。そして、現地の飲み屋でアラサーの女子と出会いたかった(※現実路線)。しかし、泊まろうにも、特にすることが思いつかなかったのです。市街地はそれなりにあるだろうけれど、市街地をめぐっても東京より面白いとは思えず。寺とかは行ってもよかったけれど、泊まってまで見るものではない。結局、日帰りで戻ってきました。

行先は長野。それもごく狭い、野尻湖界隈です。

行った先で何をしたかは、後日2分割ほどでまとめておこうと思いますが、今日はそれ以外の「旅行」部分をまとめておきます。今回の旅程は朝の5時半に電車に乗るという強行軍でスタートしました。しかし、休日の僕にぬかりはありません。4時半に目覚ましナシで起きましたからね。取引先との打ち合わせですらギリまで寝ている僕が。「起きられないんじゃない、起きたくないんだ!」(※ヒーローの決めゼリフ風で)

DSC09682.JPG
行きの新幹線では一番安いとりめしをパクリ。普通。


初めて乗る金沢行きの新幹線「はくたか」。タカみたいなフォルムでかっこいい車体です。僕はそれを長野で降ります。日程を確たるものにする前は、松本に足を延ばすという検討も一瞬したのですが、すごい面倒そうだったのと、何か別の国みたいに都合が悪い旅程になったので、「長野or松本」をしっかりと決めることとし、長野と相成りました。

DSC09683.JPG
この電車に乗ったままなら、金沢の現代美術館に行けるのだが…。


たどりつけば現地は小雨。各駅停車に揺られ、野尻湖方面を目指します。野尻湖って、ナウマンゾウが出てきた湖として教科書に載っていたアレです。「昔は海が陸だったんですねぇ」みたいな話だったと思いますが、今は野尻湖自体が海みたいな扱いとなっており、長野県内随一の淡水遊泳場・バス釣りのスポットとなっているのだとか。近くで見てもとてもキレイな水で、なるほど、これなら泳げるなと思いました。

そこから約8時間。湖畔でボーッと過ごし、山を眺めたり湖を眺めたり。合間に人が走ってるのをみたりして過ごしました。大変楽しく、いい休日でした。8時間もいたら山の風景も大堪能しまして、ぶっちゃけやることがなくなり、帰る決断もスムーズです。「ナウマンゾウ博物館も見るか?」と一瞬考えましたが、心の声が「やめとけ、動いてるゾウを見たほうがいいぞ」と強く言うのでやめました。

DSC00093.JPG
素晴らしい湖畔の風景。

DSC09831.JPG
ゾウアピール。


ところが、まぁ我ながら適当というか、帰ったはいいものの、最寄の駅の電車の時間をまったく見ておらず、駅で1時間も待つことに。「これならナウマンゾウ見りゃよかったな…」と後悔しても始まりません。戻るにはタクシーに乗らないといけない距離ですからね。仕方ないので、何もなさそうな駅前を散策して、何か見つけたら買い物でもしようと思ったところ、「何もなさそう」ではなく「何もない」街だということが判明。

DSC00192.JPG
雰囲気のある廃旅館。

DSC00193.JPG
TSUTAYA。

DSC00194.JPG
崩れる前の積み木。

DSC00196.JPG
山奥で江戸前寿司という冒険…が失敗して潰れた跡地。

DSC00197.JPG
「HITACHI、SONY、VICTOR、TVゲーム」という電気の知識が20年前くらいで止まってそうな電機屋。


とにかく何にもない。まったく何にもない。JAすら開いてない。一体、この街ではどうやって暮らしているのか不思議になるほど何もありません。あるいてもあるいても商店の残骸と民家、共産党のポスターばかり。これじゃ、急にお腹がすいても何も食べるものがないですね。ていうか、こんなところにまで共産党はきてるのかと思ったら、すごいですね。こりゃ僕が立候補するときも「無所属 共産党推薦」がよさそうですね。うひゃー、受かりそう。

ふー。困った。で、仕方ないのでツイッターで「駅以外で何でもいいから時間を潰せるところ!」を質問しました。すると「野尻湖」というド真ん中の回答を筆頭に、「新潟県にある池がよさそうです」などの情報が寄せられました。「どうしても新潟じゃないとダメですかね」という押し問答をしているうちに電車がきてしまったので、残念ながら今回は見送らせていただきましたが、今度新潟県で電車を逃したときに行ってみようと思います。ありがとうございます。

ようやく電車に乗って、長野に戻ったのが夕方5時頃。もうこれから善光寺に足を延ばすのは無理なので、お土産だけ買うことにしました。長野って、お土産が豊富なんですね。駅ビルもオシャレな感じに仕上げてあり、果物や野沢菜、和菓子などがとてもキレイに並んでいました。軽井沢風味?なのかしら。もうちょっとじっくり時間をかけて見たかったです。返す返すも何もない街で止まっていた1時間が惜しい。無念です。

DSC00204.JPG
お腹が空いたので、インスタグラムで教えてもらった蕎麦屋へ。なかなかよい。

DSC00207.JPG
自分へのお土産は「いろは堂」のおやきにしました。なかなかよい。

前日の早寝と当日の強行日程、そして翌日への疲れの持越しで、3連休の3日を潰すような旅行となりましたが、まぁまぁよかったんじゃないかと思います。現地の食べ物やお土産はハズレがなかったですし、とても素晴らしい自然があった。もしかしたら、電車の切符を買わずに行って、フラリと軽井沢で泊まるというプランもアリだったかもしれませんが、それは次回のお楽しみとします。意外に近いな、というのがわかりましたので。



posted by フモフモ at 22:45 | Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする