2016年08月14日

一発勝負の難しさ。

今日はライブに行ってきました。

オリンピックの合間によく行ったもんだなと思いましたが、競技時間の合間にうまくはまりまして、無事に楽しんでくることができました。個人的にはよく楽しみ、よく叫び、終わったあとのビールがたまらなく美味かった。最高でした。

今日は初参戦という知人を連れていきました。すごくワクワクしてくれて、通販でTシャツとかも買って、正装での参戦です。一緒に入場して会場でだべって、グッズは大変そうだということだったので、おにぎりとか食べて、本番前の出し物を見ました。すごく、楽しみにしてくれていました。

それだけに、ちょっと音響が残念でしたかね。音がずれていたり、ハウったりするので、歌もMCも何を言っているのか正直…。部分的には聞こえるんですけど、かなり想像力で補っていかないといけなかったのが惜しかったです。全体的にボリュームも絞り気味だった気がしていて、自分の声がよく聞こえてしまいます。あんまり叫ぶと邪魔かもしれないなぁと不安になったのは初めてでした。

それから、選曲が、アリっちゃアリなんですけど、今日はコンセプト的にどうだったかなという感じでした。自分なりに合いの手とかも勉強してきたそうだったので、それを活かせるようなセットリストだと嬉しかったなぁと。「それは知らんやろなぁ」という曲が出てくると、ちょっと知人のほうを見やってしまいます。ちゃんとノレてるかな、って。

それでも暗くなってからの雰囲気などはとてもよく、盛り上がる曲などでは一緒に踊ったりとかもできて、最後は花火で夏の気分も味わって、デビュー戦としてはよかったのかなと。周辺のお仲間の練度が高かったのも、雰囲気↑につながりました。多幸感でいっぱいになってくれたそうなので、終了後のビールも元気よく乾杯できました。そして、また行きたいと。

よかったのかな。大丈夫だったのかな。

僕の感覚では、コレは全然全力じゃなくて、もっともっと上があるんだよぉぉぉという気持ちでしたが、ダメってことでは全然ないので大丈夫だったんですかね。何か、ホントにギュウギュウになるくらい詰まって、叫んだり泣いたり、途中で「苦しい…」って体力の限界を感じたり、汗でグシャグシャになったり、終わったあともいつまでも席を立てないでいるみたいな、すごいてっぺんの体験があるもので、それが心残りでした。そう言えば、オヤツも食べなかったな。

もっとね、もっと上があるんだけどなぁ。

そんな気持ちで、クールダウンのアイスを食べる夜です。




posted by フモフモ at 01:26 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする