2016年10月23日

サングリアはすごく簡単でした。

果物×果物!

飲み屋では梅酒を頼むことが多いのですが、ひとつ不満があります。安い店の梅酒って、液体しか入ってこないんですね。あれって最後に梅の実をしゃぶってジューシーな果物を楽しむことに醍醐味があると思うんです。単に酔う液体ならいいってことではないと思うのです。

で、家で梅でも漬けたろうかなと思ったんですが、漬けてから1年後が飲みごろですとか、3年目からグッと美味くなるとか、気の長い話ばかり。そんなに待てないコンディションだから家で酒呑んでるんでがしょ。わしゃ、ダッシュ村みたいな悠長な飲みはしてないのじゃ!

ということで、もうちょっと早く仕上がるヤツを検討しました結果、サングリアでいくことにしました。僕は「食べたものを何となく再現できる」という特殊能力があるという自負がありまして、その能力でサングリアを分析した結果、「ワインに果物を投入している」ということが判明しました。

ワイン自体はそんなに好きじゃないのに、サングリアになるとすごく美味しくなるのは、きっと果物が入っているからです。飲んだときの果物のシャクシャク感からすると、せいぜい1週間くらいじゃないかということも分析できましたので、これで晩酌を豊かにしていこうという寸法です。

↓これがサングリアセットだ!
2.jpg

メイソンジャーみたいなのに果物をボツボツ投入しまして、そこにワインを注ぎます。何か隠し味が必要なのかもしれませんが、そこは分析能力の限界を超えていましたので、とりあえずワイン注入だけにします。まぁ、どっちもそのままで食べられるヤツなんですから、何かが足りなくてもマズくなることはないでしょう。

↓さらに、サングリアセット白もあるぞ!
1.jpg

個人的にはあんまり白のサングリアってのは見たことないんですが、赤があるなら白も大丈夫だろうという自信があります。僕の分析能力でも、試しに目をつぶって呑んてみたら赤ワインなのか白ワインなのかよくわかりませんでしたからね。「ワリと辛く感じたけど赤なのか…」くらい、両者はよく似ている。まぁもとがブドウなんで、どっちもブドウなんでしょう。ブドウとブドウの違いって、粒の大きさとか種の有無とか色で区別してるだけで、ちっちゃい切り身にしたらよくわかりませんからね。

↓サングリア完成です!
3.jpg

あとはコレをしばらく冷蔵庫で寝かせまして、気が向いたときに飲むだけ。ワイン自体はまだあまっているので、果物を消費しながらつぎ足しつぎ足しでいこうと思います。たぶん店のサングリアもつぎ足しで作ってるんじゃないですかね。「江戸時代からつぎ足しで作っている秘伝のサングリア」とかある気がします。そろそろ「グーグルで調べろ」っていう声も上がりそうですが、梅酒は「調べたらやる気失せた」っていうパターンだったので、ここはあえて調べずに行きます。

ていうか、サングリアなんてコレ以上何もないでしょう。さすがにないでしょう。飲んでみてダメだったら、次回は調べようと思いますが、何事も「挑戦!」ですよね。会社でも「お前、ダメな理由ばっかり丁寧に書いてくるな」「クチばっかりで微動だにしない」「仕事は自分で探すもの」ってよく言われているので、たまにはアクティブなところ見せたいですよね。そうなんです、僕が見つけてくる仕事って会社の業務と全然関係ないんです。関係あることは、仕事関連っていうだけで、やる気がなくなるんです!

どんな味に成長するか楽しみですね!



posted by フモフモ at 22:19 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする