2016年11月09日

近所でもないケーキ屋へ(再訪難し)。

なるべく、なんでも、家の近所で済ませたい。その気持ちで常に近隣の商店などを応援してきたのですが、若干の不足を感じるようになりました。ウチの近所にはケーキ屋がない。先日はハロウィンなので近くのケーキ屋に行きましたところ、ハロウィン用のケーキがあったので、それを食べたのです。

が、どうにもこうにもという味。材料やら手間はそれなりに手がかかっているのでしょうが、クチに合わない店のケーキは、ヤマザキのケーキよりも美味しくない。いや、ヤマザキのケーキは値段と量と、期待を決して上回らないが下回ることもないという安定感において、とても安心できるものです。ちょっとでもクチに合わないと「ヤマザキにしとけばよかった」と思うくらいには。

ということで、重い腰をあげて出かけることにしました。ウチの近所…近所というほどではなく、実際に行こうとするとかなり面倒で、頑張れば自転車で行ける程度の場所に、一軒の要チェックケーキ屋があるのです。食べログランキングで年間1位に推された実績があるということですので、まずもってマズイはずはありません。食べログを全面的に信用しているわけではないですが、上の方は総じて美味いし、下のほうはやっぱりダメという点での傾向はハッキリしています。

家から自転車をとばしまして、頑張って店に向かいます。途中で「やっぱり電車で行けばよかったかな」と思いましたが、どの駅からも遠いというヒドイ立地なので、最終的には自転車で行くのが吉のはず。およそ30分くらいかけたでしょうか。ようやく見えてきた店には、かなりの人だかり。店内には列ができ、店舗外にまで人があふれています。ていうか、ガードマンがいる。ガードマンが客をさばいている。何だコレ。

↓写真を撮ろうとしたら店の全景を映さないようというご指導が!かなり寄っていきます!
DSC02069.JPG

こちらモンブランが一番有名なのですが、この日は残念ながら品切れ。定番のショートケーキ、チョコレートケーキ、プリンなどを購入することにしました。価格は1個500円くらい。まあまあしますね。本当は1つでおためしからいきたかったのですが、もう一回くるのがすごい面倒だったので買えるだけ買っていくことにしました。

↓さすがにちょっと買いすぎてしまったな…!
DSC02071.JPG

いざ実食。ふむ、美味い。ショートケーキはラ・フランスを各層に挟んでおり、フワッ、トロッ、シャクッがトライアングルで襲ってきます。チョコレートは濃厚な甘さ。単体としてのチョコが美味く、さらに練り具合がイイ感じ。ネトーッとしたガトーショコラならではの濃さを堪能することができました。プリンはごく普通の仕掛けのないプリンですが、甘さと苦さがほどよく上品なお味。柔らかめの身が、さりとて流れ落ちるようなことはなく、絶妙なプリン感です。

↓ショートケーキ美味しい。
DSC02073.JPG

と、美味しかったのですが、やっぱなんか違うなと。少なくとも東京1位ってことではないかなと思いました。僕はどちらかというと、食感や味の変化でアクセントをつけていく多層構造みたいなケーキが好きなのですが、コチラはストレート・カーブ・スライダーの3球種でドンドンドンと押してくる感じ。宝石箱のキラキラ感ではなく、お店の雰囲気とは全然違う無骨な印象のケーキでした。駅からの遠さも「身体鍛えろ」ってメッセージなのかな、という気がしてきましたね。ちょっと、もう一回行くことを考えたら、ためらってしまいますね。あんだけ自転車こぐなら、電車でもっと遠くまで行きたい。

家の近くにオーボンヴュータンがあれば…というないものねだりをしながら、何とかしてチャリ圏でいける御用達のケーキ屋を見つけたく思っております。次はアソコか、その次はアソコか。しょっちゅうはいけないので、思い出したときにときどき捜索をしていかないと。そういう点で前の家は、落合福嗣の自宅と、チャリ圏に「マルメゾン」があったのは本当によかったですね。マルメゾンは近所のケーキ屋として最高でした。オシャレではないけれど、気軽で、美味しい。近いが正義、です。ヤマザキはその点でも優秀ですからね。



posted by フモフモ at 00:39 | Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする