2017年01月24日

相撲で寿司。

遅くなりましたがお出掛けの記録です。土曜日、大相撲を見てきました。まぁホントにいい瞬間に居合わせました。まぁこれも普段の行ないの賜物でしょう。結局、この十四日目と千秋楽のどちらかにいたら「すごいイイ日にいた」って感じなんでしょうけど、僕は毎東京場所の最後の週末は国技館にいますからね。

そういう意味では確率は2分の1なわけです。十四日目と千秋楽以外に優勝が決まるなんてことは滅多にないですし、東京場所は年6場所中の3回もあるのですから。なので、行ないがいいというのはちょっと盛りすぎで、「キセが優勝するまでしつこくそこにいた」くらいが正確でしょうか。いつも一緒に相撲にいくオジサンとは涙を流して喜びあいました。八百長のときも、賭博のときも、相撲は面白かったよな…と振り返りながら。

そう言えば、よく引き合いに出された「残り4日で2差リードから負けた」場所も、千秋楽にいましたね。把瑠都にこてんぱんにやられた姿を見て、ドターンとひっくり返りましたわ。あの頃から相撲会のメンバーは変わらず、ずっと相撲を楽しんでいます。相撲は道連れ、相撲は情けです。

DSC03582.JPG
朝日を受けたのぼりを見守って場内へ。


大相撲はいつも何か少しずつ変化があって、とても楽しい観戦です。機会があればまとめたく思うのですが、いろいろなスポーツの現場を見てきましたが、相撲が圧倒的に最高です。相撲は本当に完成されている。楽しませる仕組みが完璧にできあがっているので、いろんなスポーツの人にもっと参考にしてもらいたいと思っているくらいです。「いつも何かが変わってる」というのも、完成形なんですよね。変わりつづけることが最終形だとよく知っている。いや知らないのか。そんなこと考えてないけど、そうなってるってのが実態ですかね。

DSC03586.JPG
いつの間にかできていた売店の上にある決まり手一覧。

DSC03587.JPG
一周しながら撮影していきます。

DSC03589.JPG
まだあります。

DSC03590.JPG
まだまだあります。

DSC03592.JPG
まだまだまだあります。

DSC03593.JPG
決まり手ってこんなにあるんだなーの時間。

DSC03594.JPG
ほんとに一周するんだ…の時間。

DSC03591.JPG
話題の「たすき反り」もちゃんとあります。

DSC03595.JPG
腰砕けとかつきひざとか自滅の技も。

DSC03622.JPG
誰が求めているのかよくわからない「ドライバーヘッドカバー」。


で、飲食店にも新たなラインナップが。一時もてはやされていたピザの屋台は消えまして、今度は寿司の立ち飲みカウンターができました。屋号としては国技館二階にあるちゃんこ屋・雷電の支店みたいな感じでしたが、なかの人に聞くと雷電は関係ないとのこと。むむ、これは期待が持てそうです。雷電自体は美味くも何ともないですが、雷電の人じゃないなら美味いかもしれない。

DSC03630.JPG
そして食べると、これは美味い!


特上にぎりは中とろ、えんがわ、ひらめ、寒ブリ、ずわいガニの5貫と玉子がついて1200円。獺祭が700円。決してお安くはないですが、1900円で超絶贅沢な気持ちが味わえます。寿司は美登里寿司みたいな感じで、僕ら庶民にはコレ以上を求めてもよくわからないゾーンにいってます。とても美味しい。獺祭も初めて飲みましたけど美味しいですね。

外国の人にも安心して薦められるお寿司でした。もっと美味い店は探せばいくらでもあるんでしょうけど、美味いのを探せば2万・3万すぐじゃないですか。その点、ここは言うても1200円。で、確実に寿司です。スーパーや回転で食べるのとは違う、ちゃんとした寿司です。

相撲はなかに入っている飲食物がとにかく美味しいんですよね。ハズレは雷電のちゃんこくらいで(!)、どれも値段以上の納得感があります。だから、安心して食べられるんですね。ダマされないから。安心して食べられる、そこそこの値段の食事があるなら、誰もメシなど持っていかないのです。面倒だし。焼き鳥、ちゃんこ、寿司、このトリオで大相撲の食事は大満足です。

DSC03623.JPG
おなじみのちゃんこを食べて、腹固めに寿司をいく。コレで決まりです。

DSC03598.JPG
ちなみに肉屋・雷電のほうではローストビーフなどを販売。


お腹が膨れてからの相撲、こちらは言うまでもなく最高でした。これまでも座布団が舞う場面は何度も見ましたが、今までで一番でした。生涯でこれより座布団が舞う日はもうないと思います。自分の頭に座布団が当たったのは初めてでしたし。ちなみに、僕は座布団投げたことはないです。投げてみたいですけど、投げると危なそうなので。なので、「投げる用のフリスビーみたいな何かを売ったら儲かりそうですね!」とココで言っておきます。

DSC03719.JPG
貴乃花の弟子が稀勢の里の優勝を決めるというドラマ。

DSC03732.JPG
みんな投げ過ぎ。


次は優勝インタビューとか賜杯を抱く姿を生で見たいものです。今まで見られなかったぶんも取り戻して。そして、熱い優勝争い。千秋楽全勝決戦・結びの一番なんていう名場面をひとつでもふたつでも作ってもらって、それを思い出にしたい。次は千秋楽を当てないとですね。相撲会が3人で個別に応募してるのになっかなか当たらないですけど。



posted by フモフモ at 00:56 | Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする