2016年11月30日

蒸し返す人。

蒸し返す人は大嫌いです。言うべきタイミングでモノを言わず、最後の最後の煮詰まった段階の「もうこれでいくぞ」となった瞬間に、思い出したようにストップをかけて、「やっぱ違くないですかね?」という提案をしてくる。

明らかに間違っているものならいいですよ。「ウコン」と書くべきところが「ウンコ」になっていたとかであれば、それはもう仕方ないから直すわけですが、いくつもの考え方がある中での別案というものをやおら提示し、「よりどちらがあるべき姿か」などという土台の部分を問うてくる。

どちらがあるべきなどというものはないのです。

手をつけたら、それで話は終わり。あとは進むしかないのです。自分ひとりのことではなく、いろいろな利害関係が絡み、さまざまな手間が発生する中で、「進む」と決めたことならば、それはもう決定なのです。「決める」ということに払った多大なコストを無駄にすることはできないのです。

「それでも100億円もカットできるなら」などと簡単に言いますが、大概の場合、その金をカットして助かるのは蒸し返す側なのです。そして、その金が何の得にもならずに、ただただやり直しの手間をかけ、時間を投じ、心をすり減らすのは蒸し返された側。自分がやると思ったら、蒸し返さないでしょう。蒸し返しは一種のパワハラです。

「人間がせこせこ動く」のをタダだと思っているんでしょう。ブラック企業の体質に近いものがあります。弁当作って渡してやったら、「今日はシウマイの気持ちじゃなかった」「俺の意見を確認しないで作り始めたな」「弁当箱の透明性ガー」などと言ったら、そのまんま弁当で殴るじゃないですか。自分のおかーちゃんにも通らない話を会社で通せるなどと思ってもらったら困る。

蒸し返す人は、同じ状態に戻ってくるまでのすべてを蒸し返し賛成派のみで実行すべきです。「えーい、俺がやる」ならば、まだ提案することを認めなくもない。その場合、途中途中において、ここまで払ってきたコストをもとに「それはもう考えたけどダメだったヤツです」などとチクチクやりますが。自分で弁当勝手に作って勝手に食えばいいのです。

蒸し返す人間をリーダーに据えると、その仕事は大抵が破たんします。蒸し返しが通ってしまうからです。リーダーというのは「決める」のが最大の仕事なわけです。「決めの問題」について、利害出そろったところで誰を泣かせるかを決めて、その業を背負うのがリーダーであり、蒸し返して戻すのはリーダーとは一番遠くにある作業。「二言はない」のです。

「絶対にダメなもの以外のすべてを流せる」人というのをリーダーに担ぎたい。

「いいよ」
「うーん、わかった」
「まぁいいや」
「なるほど、任せる」
「えぇぇぇ、いいけど」
「お前がよければ俺はそれでいい」
「いいんだよね?」
「見なかったことにする」
「押し切ろう」
「どっちも大して変わんないから、今のままでいいよ」
「見てないけど、わかった」
「オススメはどっち?じゃあそっちで」
「俺の意見などない」
「よく考えたらシウマイも好きだった」

というスルーの中で、「ここだけは頼むよ」「お願い」「グリーンピース乗せて」というのがあるなら多少手間をかけてもいいです。騒ぐだけ騒いで、その騒いだことそのものを自分の仕事のように思う人は、何かを作るぶんのコストを「騒ぎを生む」ことに使ってしまうので、結局は本来できたかもしれないよりも少ないものしか生み出せないのです。弁当が廃棄されて菓子パン渡される、みたいな。そんなことばっかり。

「ベスト」よりも「現状」が優先である。

蒸し上がったシウマイは黙って食え。

グリーンピースは乗せてやるから。

それがワタクシの仕事術であります。

どこかで、部門長として雇っていただけないですかね。



posted by フモフモ at 00:51 | Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フモフモさんが、学生の頃からずーっとファンとして読み続けているものです。ついにNumberに到達した時は自分のことのように嬉しかったのも、もう結構前の話ですね。

古いファンなのですが、はじめてコメントするのですが、私、そこそこの規模の会社を経営しておりますが、本当に部門長として来て欲しいです。

本気のオファーなだけに、ここに連絡先を書けないのですが、どうしたらいいでしょうか。Twitterに連絡すればいいでしょうか。

ずーっとフモフモさんを見ていて、今なら、最も適切な仕事を用意できると思います。会社にいることは義務ではないので、スポーツ観戦は好きに続けてほしいです。
Posted by とも at 2016年11月30日 01:34
どんどん進めてくれると思ったからこそ選んだのに、ですよねえ。
Posted by たし at 2016年11月30日 01:52
そうなんですよね、時間のコストが考えに含まれてないんですよね。
時給の高い人たちの、、、。

私も長らくファンをしておりまして、
フモさんの物事の考え方が好きです。
ご自身では非リア充ぶっていますが、
本気で付き合って欲しいと思っています。
スポーツ観戦は好きに続けて貰って構いません(笑)
Posted by HN at 2016年11月30日 10:35
部外者は口を挟むべきではない。
所得税も住民税も払っていない私は政治に口をはさむ資格は、本来ありません。
でも、どーしてもひとこと、言いたい。

決まったことを覆せるのも、トップだけです。

そして小池さんは「五輪の費用を見直す」という公約を掲げて、知事に当選したのですから、税金を払っている都民の付託も受けているはずです。

そもそも日本は気の遠くなるような借金大国です。都の財政は状況が違うかもしれませんが、東京都は独立国家ではありませんし、都もこれから雪崩を打つような高齢化に向かうのです。そして所得税も住民税も出所は同じ、納税者です。
例え必要であろうとも、代替可能なハコモノがあるのならば、新設すべきではない。既存の施設でいいじゃないですか。(水泳だって横浜でいいじゃない)
多くの地方自治体が苦しんでいる維持管理費用は、私たちの将来世代が払い続ける。
日本はダウンサイジングの未来図を描かなければならないはず。
既存のハコモノの中で、創意工夫のおもてなしを目指すのも、新しい未来の形。

可能であれば、一時の費用と労力と不満は発生しても、将来のために見直す決断もしてほしい。
コメント欄で長々と大変失礼しました。全然ひとことじゃなかった。

Posted by きゅう at 2016年11月30日 12:50
フモさんのお考え、ごもっともです。
コスト意識が偏っているリーダーさん(リーダーじゃない人も)
コストをもっと幅広い目線で捉えてほしいと思いますね。
蒸し返されたことによるモチベーションの低下はかなりのストレスになりますし、何より生産性が著しく低下しますし。
労働による金銭報酬も重要ですが、やりがいとか職場で承認されているという充実感、満足感が得られるような職場環境が求められますよね。
行き過ぎた成果主義が日本人の労働事情を悪化させていると思います。
Posted by 香鈴 at 2016年11月30日 15:00
蒸したシュウマイが好きです。
12月の右サイドバーは、これでいくのか?
去年のネタを蒸し返しちゃえー。
Posted by ヴァンピーちゃん at 2016年11月30日 15:47
>>1

私、あまり期待されるとダメなタイプでして。基本的に働きたくないですので、ありのままで生きられる職場をさがしております。エクセルを誰も使えない会社とか、プリンターのインク交換を誰もできない会社とかで、スポーツ新聞を読んで暮らせないものかなと思っております。僕がクビになったら、御社名だけお聞かせいただければと思います。
Posted by フモフモ(本物) at 2016年12月07日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: