2017年04月09日

笑顔の天下。

今日はももクロちゃんのライブに行ってきました。いつ以来ですかね。クリスマスはチケットを獲れずライブビューイングだったので、久々の現場にワクワクして、予想を上回る感じで楽しく、満ちたりた日になりました。神ライブだったように思います。

DSC05103.JPG
会場はこんなところ。


今回は何かよくわかんないいきさつで埼玉県の富士見市というところが、市の記念事業としてももクロちゃんを呼んだというたてつけのライブです。市の政策としてそれでいいのだろうか。3万人くらいの人がくれば外貨が落ちるからいいのかしら。あるいは単に世襲で受け継がれる地方の政治を好き勝手した結果、自分の趣味を政策にしてしまったパターンなのかも。まぁ、深くは問いますまい。僕は楽しければオールオッケーです。

今回は場所柄もあって大変過酷なライブでした。まず朝方に降った雨。これにより足元はグズグズ。今回はふじみ野市のただの公園をライブ会場とするということで、基本イスもなく、屋根などもちろんありません。草っぱらに立つ、ひたすら立つ、そういう会場です。

その大事な草っぱらは雨でビチャビチャしており、さらに埼玉の土がネッチャネチャしている。上京してからあれほどネッチャネチャした地面を歩いたのはこれが初めてです。「この粘土みたいな土で焼き物でもしたらよさそうですね!」と大きな声でアドバイスしながら慎重に歩いていきます。

DSC05107.JPG
無闇に桜がキレイで足元への注意力を奪うトラップ。


この会場に入るためには最寄駅からバスで45分くらいかかるというお話で、僕もシャトルバスに乗って現地に向かいます。このときはまだ「東京感覚」でいました。公園だし、隣には高校と中学と小学校があるらしいから、現地で必要な品は調達できるだろうと、甘く考えていたのです。

しかし、現地につくと見事に何もない。こうした土地にきたときに僕がよく言う「自給自足の地域なんですね!エコですね!」がクチをついて出てくるレベルで何もない。メンバーがMCで何回も「何もないところですが…」と言っちゃうくらい何もない。高校の周囲に店がないという現実は、僕の「東京感覚」をこっぱみじんにしました。自転車で通り過ぎる地元の女学生の「ここでライブできるんだねぇ」という驚きの声がやけに耳に残ります。

それでも頼みの綱・ナビタイムで検索したところ、歩ける程度の距離にセブンイレブンがあることが判明。その先はどこまで広げてもコンビニとかファミレスを発見できなかったので、たったひとつのセブンに向かいます。どこまで歩いてもさっきの会場からももクロの歌(ビデオ音声)が聞こえてきます。近所の人は庭で歌を聴いています。「市の政策じゃなかったら市から怒られそうだな…」「災害放送並み」「ゴメンな、これ夜の9時くらいまでつづく」と心配になるレベルでめっちゃ遠くまで聞こえます。大丈夫なのかな、この市。

DSC05104.JPG
いい歌を聴かせるといい花が咲く的な効果に期待。

セブンイレブンにつくと同じことを考えた同士たちが店を埋めていました。食事にありつき、電池とか水を買ってひと段落。買うものは買ったので出すものを出そうとトイレに並ぶと、この列が長いこと長いこと。コンビニのトイレで40分待ち。列の横にあった雑誌をのんびりとめくっていたら、週刊誌を読み終わってしまいました。一軒しかないセブンのふたつしかないトイレじゃ、そりゃお並びも発生しますわな。

そんな「お並び」はこのあともつづきます。

現地での入場は大変スムーズで、ICカード会員証と顔認証で5秒で通過です。なんか別のライブではデジチケが機能せずに手書きのチケットを配っていたらしいですが、この辺は先行者として本当にスムーズです。一番最初は西武球場前駅から西武球場に入るのに3時間かかりましたけど、もはやももクロライブに入場のストレスはないと言ってもいいと思います。

しかし、今日の罠は入場ゲートではなく、整理番号順の会場入りのところでした。14時半から開始すると言われたので待機場所に行ったものの、1時間すぎても動きはナシ。なるほど、14時半に整理番号1番が入るとすれば、番号によって遅くなるのは当然です。結局ここでは1時間半ほど待って会場入り。

さらに、会場内で最後のトイレに行こうと思ったら、こちらも簡易トイレの数が少なめで1時間ほど並ぶ形に。さっきセブンで行っておかなかったら、お並びでおもらしもあったかもしれません。明日行く人は、「草っパラがビチャビチャだからもらしても大丈夫な気がする…」という強い気持ちで行ってもらいたいものです。

そうした「お並び」に開演待ちの1時間と3時間のライブが乗っかるので、6時間半ほど立ちつづけるという流れとなったのは、なかなかに過酷でした。あぁ、行きのシャトルバスも立ち乗りだったので7時間ですね。まぁホント足がくたくたで今もジンジンしています。草っパラビチャビチャで座れもしないし。キツかったw

しかし、そうした過酷さがライブ感をグンと増してくれるスパイスでもあります。快適な環境でスムーズに見たライブより、「初めてのIC認証でめっちゃ時間かかってしまい怒号飛び交う」とか「くっそ寒い」とか「ゲリラ豪雨直撃」とか「運営が放水の量を誤り水の塊が頭部に着弾」とか、そういう過酷だったり不具合だったりがあるヤツのほうがよく覚えているもの。そして、そういう過酷さを乗り越えた先に、真の幸福があるような気がしてなりません。

実際、この日のライブはとてもよかった。

もちろん、過酷さ以外にもいろんな要素があります。地元出身であり、このライブのきっかけを作ったのが僕の推しだったため、オープニングから推しのメイン曲が連打されたりしたので、いきなり火が点いたということもありましたし。セトリ自体もすごくよかった。新旧織り交ぜつつ、「これ好きー」を選んでずっとやってくれた。しかし、天候や環境との闘いだったり、それを一緒に頑張っている人たちとの一体感だったりが、この日は自分の気持ちをもっとも盛り上げてくれたように思うのです。

特に印象的だったのが、ライブ中盤で歌われた青春賦という曲。いわゆる卒業曲なのですが、このライブではこの曲を小中学生が合唱で唄うという演出をしておりました。もちろん雇われ小学生ではなく、地元の子と、この市と協力関係にある宮城県東松島市の子が「震災復興などを通じて生まれた街と街の友情を合唱で表現する」というイイ話の子どもたちです。

彼らが何曲か春の歌を合唱したのですが、その合唱がとてもよく、思わず僕も口ずさみましたところ、隣の兄さんも同じ気持ちだったのか子どもたちと一緒に唄い始めたのです。やがて大きくなる声と、巻き込まれていく人たち。いつしか周辺を含めて大合唱が始まっていったのは、とても不思議な感じでした。

さらにそこにメンバーが加わって青春賦を唄い始めたとき、演出でシャボン玉がふき出してきました。まわりとの一体感と、歌のよさと、演出と、過酷さのなかの癒しが、何か自分の心に噛み合うような感じで、ホロリとなってしまったほど。もともと好きな曲だったけど、もっと好きになるような気持ち。春だからですかね。春の歌はやっぱり春がよく似合う。

1曲目であがって、最後まで上がりっぱなしで、終わるのが寂しいんだけど、すごく満足している。どのライブも楽しいのですが、こんなに満たされたのはすごく久し振りな気がします。とてもよかったので、明日行く人には期待してほしいし、地元の人にも喜んでもらえたらいいなと思います。せっかくならね、楽しんでもらいたいじゃないですか。「何か鳴ってるな」ってだけじゃなく。そういうチカラがあったかもしれないと思える、いいライブでした。

ライブ終わりでリーダーの夏菜子が泣いてたのは、「ライブがすごくよかったから」だといいなと思います。自分たちが前に進めているのか不安になったり、ずっとこのままいられるのか考えたり、ひとりの時間が増えていくことでいやおうなく「大人」になってしまう自分がいたり、少しずつ変わっていくメンバーたちの姿があったり、頑張ったり辛かったり、まぁいろいろあるんだろうなと思ったりもするのですが、そんないろいろを含めて「今日がとてもよかったから」こそ涙が出たんだといいなと思います。

何もない草っパラにも銀河が描かれ、美しい夜が生まれた。そういう光景にどこかホッとしたり、大丈夫だと思えたりしていたら、いいなと。「笑顔の天下」という目標が思った以上に大きくて、簡単ではないと思うことがあっても、進んでいる道は間違っていないのだと思えたりしていたら、いいなと。

個人的な話ですが、仕事でのイヤな案件を抱えたまま月曜日を迎えることになっており、ふとした瞬間にそれがよぎっていろんなものを台無しにする瞬間も多い週末です。でも、ライブの間は大丈夫でした。「イヤなことを忘れていた」のではなく「何度も思い出したけれど、台無しになるより早く楽しさが上書きしていってくれた」という感覚でした。そういう気持ちにさせてもらっている人がいる、たぶんたくさんいる。もうすでに「笑顔の一国」は獲っている。天下はその先にある。

「きっと大丈夫」

自分にも相手にもそう言いたくなるような、佳き日、佳きライブでした。

大丈夫、大丈夫、大丈夫。さぁ、明日からまた頑張ろう。次の佳き日をもっと満ち足りたものにするために、過酷さを乗り越えていかねば。よし。

DSC05112.JPG
クジ引いたら4等のTシャツが当たったりもしました。グッドデイだ。



posted by フモフモ at 03:12 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
富士見市?ふじみ野市?
Posted by at 2017年04月09日 03:40
フモの旦那、お疲れ様でござんす。
何か、レビュー読んだのは国立初日以来かも
知れやせん。

地味に待ち侘びておりやした。
ありがとうござんした。
Posted by 金太郎 at 2017年04月09日 07:27
フモさんのももクロ日記久しぶりですね。
楽しかったようで、なにより。
今日も朝から雨ですよ。。
Posted by . at 2017年04月09日 08:12
ステキなライブ報告ありがとうございます
私も現地にいました、ライブ最高でした
氣志團、AE、ももクリ、一大事の4連続スタンディングですが、昨日がいちばん過酷でした
Posted by at 2017年04月09日 08:26
Posted by 毛布 at 2017年04月12日 10:12
はじめまして♪

私は、アメブロをやっています。
Amebaマイページに「アメブロ以外のお気に入り」欄があるのですが、
そこに「フモフモコラムプレミアム」を登録させて頂いてます♪

春の一大事、私は初日は現地、二日目はLVでした。
本当に「神ライブ」だったと思います。

開演前は、
「会場に行くまでが、めんどー」とか、
「トイレ行列に1時間以上も並んで辟易」とか、
色々と不満たらたらだったんですが、
いざライブが始まると、そんなネガティブなことは、
どこかに吹っ飛んでしまいました☆
Posted by りっちゃん at 2017年04月18日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: