2017年11月17日

岡村靖幸がトレンド入りすると心配になっちゃう勢。

今日は珍しくミュージックステーションなどを見ました。いろいろ人生でみちくさをしていた岡村ちゃんが、華やかな舞台に現れたからです。ていうかMステは初登場だとか。それも「新曲」で。階段下りで小さくなって降りてくる岡村ちゃん、ついでに中継で登場の荻野目洋子さん。そこには80年代が広がっています。ふたりともウチに何枚もCDがあるお気に入り組です。

この日の番組は「ダンス」特集だそうで、エグザイル的な人が大人数で踊ったりしています。そんななか、52歳のオジサン頑張っちゃうんじゃないかなと期待感も高めです。エグザイルと同じことやれって言われたら難しいのかもしれないけれど、カッコよく踊れって話なら負けてる気はまったくしない。このスーツメガネがどれだけカッコいいのかを10代諸君見やがれってなもんです。

いざ始まったパフォーマンス。ステージの構成がPVと同じく岡村ちゃんとDAOKOさんのダンスバトルということで、カメラはあっちゃこっちゃいって落ち着きません。むむむ。マイクを寄せないと声が入らないという不都合もあって、「歌ってるときに映る」「でも歌ってるからマイクを持ってて動けない」というダンス殺しみたいな状態です。あぁ、これじゃ見られないじゃないか!岡村ちゃんのキレッキレの動きが。

ふたりとも生歌でやっているので、声量の足りないところとか、マイク引き寄せるの忘れちゃったところとか、ヘンなアラが目立っちゃうようで、爪痕がどれだけ残せてるのか心配になってきます。歌だけでもものすごくカッコいいんだけど、それだけじゃもったいない。もっと大きくオジサンを映せ。最後までハラハラしながら見守る感じに。

すると、最後の最後、もう岡村ちゃんの歌うところが終わったあとで、ようやくチャンスが。最後の数秒、曲のシメが流れているところで、普通なら立って決めポーズで終わっちゃえばいいくらいの数秒で、オジサンが普段の3倍くらいのスピードで動き出し、爪痕を残していきました。再生速度がここだけオカシイw

で、恐る恐るSNSを追いかけてみると「このオジサン何なの!?」的な、80年代など全然知らない若者に、一瞬でアレが届いたんだとわかるイイ反応がたくさん見つかりました。その反響を見て「トレンドに岡村ちゃんが入ってたけど、また?」と心配する80年代組もたくさんいましたけどw

とにかく、よかった。今の感性で見てもこのオジサンはカッコいいんだ。ほかにもカッコいい人がたくさん出ているなかで、何だコレ!?って思うくらい特別なんだ。すごくホッとしたような、嬉しいような気持ちになりました。

このオジサンは本当にカッコいいし、ソングライターとしてもとてもデキるオジサンなので、ぜひぜひもっと若い人にもオジサンを上手に使ってもらいたい。こないだも有安杏果ファンの集いで「岡村ちゃんの曲をももかに唄わせるべき」なんて話をしていたのですが、こうやって爪痕が残っていくと、何か起きやしないかなと期待したくなります。好きと好きが掛け合わされたら、きっとすごい楽しくなると思うので。

そんなことを思いながら、今夜は一周まわって渡辺美里さんの曲を聴いてます。美里さんにあげたみたいな曲だと、一生唄えてすごくいいなぁと思ったりします。岡村ちゃんがもっと流行りますように。引っ張りだこでみちくさ食う暇もないくらいにモテモテになりますように。







posted by フモフモ at 23:48 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする