2017年05月27日

キラキラキラルキラキラル。

今日はBリーグのファイナルに行ってきました。原宿です。代々木です。あのへんです。試合のほうは別途振り返るとして、代々木の帰りは表参道をぶらつくのが楽しいので、オヤツを買いに行きました。

表参道には若くてキレイな人がたくさんおり、キラキラしています。オープンカーに乗って、もう薄暗いのにサングラスをしている人とかが、颯爽と走り抜けていきます。「お金持ってそうだなぁ…」と思いながら見つめます。

少し前までは他人がお金を持っていても特に気にならなかったのですが、やっぱりお金があったほうが幸せだなぁと思います。お金で愛は買えないけれど、お金があれば愛は潤う。潤ってそうだなぁと思います。

こんなときは負けないようにお菓子を買うのです。いい店のいいお菓子を買うのです。お菓子のてっぺんのほうは、言うても数百円。クルマのてっぺんや家のてっぺんだと数千万円数億円の話になりますが、お菓子ならば十分に張り合うことができる。食というのはありがたい。

DSC05824.JPG
で、今日選びましたのはコチラのお店。

フランス系の小粒洋菓子のお店ということで、ショーケースには小さくてキラキラしたお菓子が並んでいます。キラキラルがあふれています。出迎えるおねーさんも、心なしか対応が丁寧です。ひとつひとつのお菓子を丁寧に説明してくれますが、聞いたからといって何がわかるわけでもありません。

おねーさんはVIP相手のVIP対応なのか「コチラは生菓子でとても繊細な作りとなっておりますので、お持ち帰りは1時間以内に限らせていただいております」などと無茶をおっしゃいます。1時間以内に帰れる感じではないので、どうしようかなと。

普段なら「ハハハ、私は近くに住んでいる上場企業の大株主でね。持ち帰りは40秒くらいですよ」と答えて強引に買ってしまうのですが、今日はコチラも背伸びはやめましてガッシリした焼き菓子を選びました。ウィンドブレーカー着てたし、大株主主張はちょっと無理かなと。我ながら冷静です。

DSC05826.JPG
こんなんなりました。

DSC05831.JPG
ご飯のあとにひとついただきます。


うむ、まぁまぁ美味い。フランス系の菓子ということで、基本的には甘ったるい感じです。濃厚でドロドロしていてぬちゃーっとして甘い。ただ、最近疲れていたせいかズキューンと身体に甘みが届きます。自分で入れたコーヒーと一緒に飲むと、家がカフェになったような気分。

「いらっしゃいませ」
「アイスコーヒー」
「豆はいかがしましょうか」
「オススメはありますか」
「私、よくわかりませんで」
「いろいろ買ってありますので」
「あなたのほうから選んでください」
「……じゃブルーマウンテン」
「ブルーマウンテン!」
「あの有名な!」
「おなじみの!」
「で、これどんな味なんです?」
「知らないのかよ!」

みたいな店を想像しながら、ゆっくりとお茶をする。最近はやたらと忙しく、会社で食べるランチはドトールのミラノセットという日がつづいています。家でノンビリする時間が逆に贅沢というか、不思議な逆転現象も出てきました。全身にじんわりと疲れがたまってきているのを、どうやってごまかすか。お菓子とコーヒーでしっかり準備をしてダラダラする、これもある意味で仕事のようなもの。働くための休みです。何だか辛いけど、仕方ない。

「頑張った頑張った」
「えらいぞえらいぞ」
「お菓子でも食べなさい」

ブラックジャックで言えば自分で自分を手術するみたいな時間なのです。



posted by フモフモ at 22:42 | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする