2017年07月06日

大阪遠征記:粉もんは関西の誇りなのかな?

また大阪遠征の話です。クドいかもしれませんが、こうやって日記を残しておくことで、あとで僕が楽しいのでOKとします。甲子園、ライブ、寺社巡り、街歩きときて最後はグルメです。旅先ではその土地の名物を食べたいですよね。

僕の期待値はかなり低めでした。調べても調べても出てくるオススメのグルメは粉もんばかり。粉もんは関西の誇りやで、とは言いますが、にしても粉もんだらけ。同じ粉もんなら、せめてパンとかケーキとかの方向に進んでくれればいいものを、大体は粉をドロッとさせて焼いてソースをかけるという流れ。「うーむ、食べるための加工って感じだな」と気乗りもしない。

もちろんお好み焼きもたこ焼きも好きですが、すごい好きかって言われたら、そんなことはないです。祭りの日にちょっと食べたいかも、程度。それをことさらに名物に押し上げるというのが、はたしてどうなのかと。どこで食べても大して変わらないんじゃないのか、と。

気持ちはミシュラン調査員です。それも色眼鏡をかけた悪いほうのヤツです。高いグルメは知らないが、安いグルメにはやかましい。地元で名店と誉れ高いところで、本気のチカラを見せてもらったうえで、渾身の「普通やね…」を繰り出してやろう。そんな気持ちです。

まず向かいましたのはチケット完売のなんば花月の横にあるたこ焼き屋「わなか」。事前の下調べではこの店を押す声が多く、宿からも近いのでたこ焼きの腕試しはココに決めました。店先にはそこそこの行列ができており、なるほど人気がありそうです。漂ってくる薫りも香ばしくて素敵。確かに美味そうではある。銀だことかよりは。

DSC06956.JPG
いかにもたこ焼きという店構え。

手際よく次々に焼きあげられるたこ焼き。店のオヤジは威勢のいい感じで注文をさばいていきます。システムがよくわからないのと、何を言ってるのかよくわからないので、「それや!頼むで!」で押し切ってみました。結果的に標準的オススメのトッピングになった模様。なるほどサブウェイでいう「お野菜全部入れて大丈夫ですか?」のやり取りだったのか。

こちらの店は奥にイートインがあるそうで、買ったたこ焼きを持って店の奥に向かいます。セルフサービスの水完備。たこ焼きを食べている客多し。かなりにぎわっています。僕も空いている一席に陣取って、早速本場のたこ焼きとやらを食べてみます。銀だこの1.2倍程度を想像していたところ…

DSC06952.JPG
ウマーーーーーーーーーーーーーーイ!!

美味い!美味い!美味い!何これ。外はカリッとしているのは当たり前として、なかがドロッドロ。小龍包か何かのようにドロッドロの旨味液体が中から溢れてきます。熱い。そのドロッドロは何が入っているのかよくわかりませんが、とにかく美味い。「ヘンなクスリかな…」と心配になるような味です。

そしてひとつを飲み込むときに大きな違和感。さわやかな酸味がクチの中をキレイにして去っていく。「こ、これは…!」(※美味しんぼの山岡の顔で)。酢だこです。ただの煮だこではなく、酢だこが入っている。それによって、ドロッドロを洗い流してクチをさっぱりさせるという、寿司でいうところのガリの効果を生み出している。

しかも、このタコがまた美味い。今まで、ハッキリ言って「たこ焼きにたこはいらない」と思ってきました。邪魔だし、味もよくないし、異物であると。しかし、本場のたこ焼きを食べて、初めてたこ焼きのたこを美味いと思った。悔しいけれど、これはまいった。東京で食べていたたこ焼きはニセモノだったんですね…。

「とは言え、空腹だったしな」

さぁ、気を取り直して、次の調査です。まだまだ僕は大阪の食を信じたわけではありません。たこ焼きに美味いもマズイもあるか、と。それに僕はそんなにたこ焼き好きじゃないですし。きっと、東京にももっとマシな店が世の中には普通にあったのでしょう。それを知らなかっただけです。

お次の調査はコチラも名物料理として名高い、串カツです。まぁ、これは大したことないはずです。だって、カツだもの。とんかつをまずく作る方が難しいでしょう。とんかつでまずかったことなんてほとんどないですから。あらかた予想はつきます。

DSC06965.JPG
向かいましたのは「ソースの二度漬け禁止」で有名な串カツチェーン「だるま」。

たたずまい的にはナイ感じです。あちこちに店があるし、看板は主張が激しいし。味よりも観光客向けの商売に目がいっている感じ。まずもって大したことはなさそうです。店の中には人がビッシリで、外にも行列ができていますが、そんなに食べたいのかなぁ?串に刺さってるだけだよ?と素直な疑問も。

店に入り、カタコトの店員に何とか注文を済ませるも、9本で1400円という値段設定にちょっと首も傾きます。1400円出したら、トップクラスのトンカツ屋でトンカツが食べられるのです。うずらだのアスパラだの、そんなに興味がないネタを食べるより、名店のトンカツ定食食べたほうがいいんじゃないかという率直な想いも。

DSC06990.JPG
しかもソースに何か浮いててイヤ!


「二度漬け禁止っていうか、一回も漬けたくない…」といやーな気持ちに。まぁ、油が固まってるんでしょうけど、こんな状態で普通に客先に放置されている液体に食い物を浸すって感覚が僕にはないのです。絶対ツバとか入ってるでしょ。大声で会話して飲んでる客ばっかりなんだから。すごいイヤです。

でも、これが地元の流儀なので、そこはしたがっていきます。向こうの言う通りにやってみてから文句を言うのが最低限のフェアネスですから。届いた串カツは、まぁ確かに香ばしくて美味そうではありますが、「ソースをかけてから出してくれればいいのになぁ」「そうすりゃ二度漬けも何もないのに」「せめてソースの入れ物にフタしようや」といやーな気持ちでいっぱいです。

DSC06996.JPG
届いた串カツの群れ。

DSC06993.JPG
何かが浮いている液体に浸して食べると…

DSC06994.JPG
ウマーーーーーーーーーーーーーーイ!!


美味い!美味い!美味い!ハフハフ。なるほど、こりゃ美味い。焼き鳥みたいにライトに食べられるから、酒も入れやすいし、飲んで騒ぐにはピッタリの食べ物かもしれない。うずらだのアスパラだのも、肉の連続よりも食感が変わって楽しいし、このソースにつけるのも思い出のアトラクションみたいで悪くない。「二度漬け禁止やってきたよ!」はイイ話のタネにもなります。

そして、ついでに出てきたどて焼きなるものも美味い。要するに牛スジの煮込みなのですが、これもまた美味。いかにも酒が進みそうな食べ物です。串カツ9本とどて焼きで十分だろうと思っていましたが、もうちょっと食べたかったかもしれない。おかわりしてもいいくらいの美味しさでした。

しかも、この店は下調べの段階でも一番の店ではなかったところ。知名度では抜群ですが、味ではどうやらもっと上がゴロゴロあるっぽい。その意味では、きっともっと美味いものなんでしょう。鶏の炭火焼きと焼き鳥の優劣を論じても仕方ないように、トンカツとの優劣を論じちゃダメなんでしょうな。串カツは串カツとして、確かに美味かった。ソースは汚いのでイヤだけど。

「とは言え、揚げ物大好きだし何でも美味く感じる…」

さぁ、最後の調査はお好み焼き。今度こそ、大したことないはずです。そもそもお好み焼きって美味くも何ともない。パサついた生地の間に、食感の悪いキャベツとかがゴロゴロしているだけ。ソースとマヨネーズで強引に食わされる「燃料」のようなものです。たこ焼きを食べたあとだし、ソース味にも飽きている。まぁ、ダメでしょう。

DSC07104.JPG
向かいましたのは梅田のドデカイビル。


こちらには下調べの段階で非常に強い推しがあった「きじ」なるお店が入っているとのこと。名店の誉れ高く、間違いのない店だといいます。ここで大阪全体の程度が測れるでしょう。たたずまい的には非常に不穏。店の前には外国人観光客が列を作り、いかにも観光地然とした店になっています。商売も荒れてくる頃でしょう。

1時間ほど並んで中に入ると、香ばしいお好み焼きの薫り。ふむ、まぁまぁ美味そうではある。マズくはないんだろうな。狭い店内はギッチリと埋まり、壁にはサインやら名刺やらがベタベタと貼られていますので、一定以上の評価は得ているのでしょう。わざわざくるほどかってのは、どうだかわかりませんが。

DSC07113.JPG
店のすべてを知るためにミックス焼きを注文。

DSC07114.JPG
ほほぉ…THEお好み焼きという面構え。


焼いている様子でまず気になったのは、そのドロッドロ感。どこから出てきたタネかわかりませんが、よくあるお好み焼き屋のようにその場でいろいろかき混ぜて焼く感じではなく、ある程度仕上がったドロッドロがあって、それを焼いている模様。ドロッドロの見た目はクレープか何かのようで、中身が何なのかよくわかりません。焼くほどにいい香りがしてくる。キレイに焼き上がったそれが目の前に置かれ、いざ実食に臨むと…

DSC07115.JPG
ウマーーーーーーーーーーーーーーイ!!


美味い!美味い!美味い!これは美味い!尋常じゃなく美味い!お好み焼きってこんなに美味い食べ物だったのかってくらい美味い!あまりの驚きと、空腹が相まって、手が止まらない。食べたときのドロッとした感じと、中身が何だかよくわからない歯ごたえ。しかし、美味さがドロドロとノドから脳に抜けていく。今まで食べてたお好み焼きとは根本から何かが違う、まったく別の食べ物じゃないかコレ!

「2枚頼めばよかったな…」

と、少し後悔するくらいのお味。新幹線の時間が迫っていたので、もう1枚焼くのは待てなかったものですから、腹八分目で撤退こそしましたが、完敗でした。上から目線で乗りこんだ調査員は、関西の粉ものにかける情熱に叩きのめされました。そうか、だから一年中粉もん粉もん言ってるのか。こんなに美味いなら、一年中食べるかもしれんな…。

メシ食って感動、ということはなかなかないタイプですが、感動する美味さでした。聞けば東京にも支店があるそうなので、これは機会があれば東京の店にも行ってみたいと思います。地元よりは味が落ちるかもしれませんが、この8割の再現度でもトップクラスの美味さでしょう。浅草の有名店なんか置き去りにするような美味しさでしたから。

以上で今回の遠征話は打ち止めとしますが、このように大変実りのある遠征となりました。好みは全然合わない土地でしたが、大変刺激的な街でした。梅田の乗り換えとか、キタだのミナミだのの地理にも少し慣れましたし、とにかくメシが美味い。どうしても仕方ない理由があるときは、再訪してみようかなと思います。寝るところだけは、もうちょっと吟味したうえで。

ほな、さいなら。



posted by フモフモ at 23:51 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする