2017年05月28日

会場推し。

今日は定期のおつとめで千葉まで行ってきました。こちらはまた別途どこかで報告する感じにしたいと思いますが、思った以上によかったので満足です。昨日のBリーグファイナルもとても面白かったので満足です。

ただ、ちょっと心に引っ掛かっているところもありました。今週末はいろんなものが立て込んでいたので、結果的に満足ではあるのだけれど、本当にこのプランだったかな?というのは何度も考え直すところでした。違うかな、でもココで行かないといかんよな、そんな検討&再検討の波が引いては寄せていく。「金を使えば…」という禁じ手もなくはない、とか考えてみたり。

その辺のいろいろに折り合いをつけるための方法を、僕はももいろクローバーZに教えてもらっていました。それが「会場推し」というヤツです。諸事情でなかには入れないんだけど、せめて同じ空間を共有したいという人が、ライブ会場の周辺にたたずんでそっと会場に向かって祈りを捧げる行為、それが会場推しです。推すか、会場を。幸い、もともとの予定で僕は夕方まで千葉にいる。そこから海浜幕張までは30分です。

↓きたね、何も持ってないけど!
DSC06156.jpg

↓アイスクリスタル勢じゃないけどチケットをください!
DSC06162.JPG

とは言え、ノープランで来てみた僕は立ち尽くします。「来たところで何もないわな…」と。グッズの売店とかは中だろうなというのは思っていましたが、もうちょっと祭り感というか、にぎやかさみたいなものがあるんじゃないかと思っていたのです。そうしたら、あぁ来たなという感覚にもなるかなと。

ところが想定外だったのは、会場推しをやっている人が僕しかいなかったのです。だーれもいやしない。中に入ってショーを見てるんだからいないのは当たり前っちゃ当たり前ですが、それにしても誰もいないのかよ、と。看板を眺めて、ガラスから建物の中を覗き込む。ロビーにも通路にも警備員と係員しかいない。音漏れくらいあるかと思ったものの、それもない。逆に千葉マリンからロッテの歓声はバンバン聞こえてくる。うるさいぞロッテ!音が聞こえないではないか!

「やっぱ何もねぇな…」

のぞきこめばそこにP&Gの看板もあるし、ユーリのコラボグッズの売店もある。ただ、チケットがない。ダフ屋くらいいるかと思ったらそれもいない。僕はその場でお茶をすすりながら1時間半ほどボーッとしていました。小走りで帰っていくご婦人を見送り、タクシーに乗り込む外国人を見送り、若夫婦の帰途を見送り、パズドラのイベントで来ていた人を見送り、HKT48の握手会を見送り、そして日が沈んでいく。

ベンチに座ってクルマの列やヤマトの兄さんの働く姿を見ていると、それはそれで満足感というのもわいてきます。みんなそれぞれの仕事をしているんだなと。そのなかで、同じ空気を吸って、同じ流れで駅に向かえるならば、ウダウダしているよりはずいぶんとイイ場所にきた感じもします。さっきまでいたクルマの列がなくなった頃、ご婦人たちの姿もさすがに見えなくなり、パズドラ勢も撤収を始めました。帰るか、気をつけて。

だから何だって話でもないのですが、きてよかったなと思いました。スッキリしました。距離の違いや、そもそも見てる見てないっていう違いはありますが、それはほかの会場でも似たようなもの。むしろ、いつもよりやった感はある。おかげで夜のテレビ放送も見られなかったヤツではなく、さっきまでそこにいたヤツと思って見られました。

たまアリでの試合みたいに外にいろいろあるとよりよかったのですが、まぁいいでしょう。会場推しでも家にいるよりは全然近い。100メートル圏内にいろんな人の魂があった。途中下車するだけなら、やらない手はないですよね。行ってよかったです。次は壁の向こう側で大満足を体験できるよう、ボチボチ頑張ります。



posted by フモフモ at 23:17 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする