2017年04月26日

週末は6時起きで群馬へ。

告知です!

毎度恐縮ですが、今回もまた告知です。日刊SPA!さんで間借り連載させていただいている穴場競技探訪の記事が更新されました。読むとか読まないとか関係なく、1ページずつ順にめくって拡散リツイートなどしていただければと思う次第です。




これの次にあたる探訪というのも週末にしてきました。わりと忙しいので肉体的には厳しいところでもあったのですが、自分が好んで行くという「遊び」の感覚があると、やっぱりカラダの反応も違います。会社に行くときは目覚めてから1時間くらい「いきたくないー」「いやだー」「会社つぶれないかなー」「全員死ね!」というのを20回くらい声に出して読みたい日本語してから観念して起きるのですが、探訪の朝は6時とかにビクッと起きますからね。6時起きで群馬行きという、仕事なら絶対にイヤな案件もスキップで飛び出す感じでしたから。

「やりたいこととやりたくないことってあるんだなー」

まぁ、これも頼まれ仕事だと面倒臭いのでしょうが。結局、自分がやりたいことしかできないし、頑張れないのです。これは人生経験の浅い若者に、「10年先を走って、20歳くらいのセーブポイントに戻りたいと毎日思っている敗北者」からの言葉として受け取ってほしいのですが、僕は強く「好きなことをやりなさい」と言いたい。

そりゃ短期的にはイヤなことをガマンするタイミングもありますよ。でも、イヤイヤやってることのガマンって人間の命を削るのです。好きで楽しくてやってることって、同じことをしてもガマンにならないんです。早起きも、徹夜も、勉強も、好きなことならできるし、嫌いなことならできないのです。

その差はとてつもなく大きくて、イヤイヤ我慢しながらだと継続ができないのです。継続こそが一番勝負をわけるポイントです。どんな下手糞でも20年もやればいっちょまえに見えますし、まともになるものです。逆にどんな天才も辞めたらノーカンです。一流のプロ野球選手でも、辞めたら野球選手ではなくなるのです。辞めないヤツが最後は必ず勝つ。少なくとも辞めないかぎりは負けない。

「好きで楽しくて、言われなくてもやりたい」と思うことを見つけるのが人生で一番大切なことです。それがなかったら生きている甲斐がない。それって感覚ですので、「これはイヤだ」って第一印象で思ったら即撤退するのが正しい。やっているウチに考えが変わって「やっぱり好きかも」って思うことがあるかもしれないけれど、「最初から好きでずっと好き」には絶対にかないませんから。儲からないことでも、くだらないことでも、ずっとつづけられるくらい好きなことをやるのが正しいと僕は思います。

おかげさまで会社からは食うに困らない程度の給料を受け取っていますが、何かを失いつづけているような気持ちもあります。ただ、自分が本当にしたいことが今もまだ見つからないので、動くに動けずにいるというのがホントのところ。物書きをしたいワケじゃないんですよ。嫌いじゃないけど、どんなことがあっても絶対にするかと言われたらそうでもない。

結局はその「好き」を見つけることに失敗したのかなぁと思います。

たったひとつの好きを見つけて、それをガンバりつづけるというのが今風の生き方なんだろうと。だって、「いろんなことを何となくやりました」の人より「これに人生賭けてきました」の人のほうがカッコよく感じますもの。子どもの頃、特に何を見つけるでもなく、なんとなーく学校に行って、なんとなーく大人になった、それが負けの始まりだったのかもしれませんね。どうぞ、「好き」を出発点に人生を組み立ててください。マネタイズはあとからどうにでもなると思います。

DSC05190.JPG
群馬みやげは納豆にしました。うまからず、まずからず。群馬行き通算で4戦4敗。



posted by フモフモ at 01:59 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする